株式会社STARPは、ライブコマースシステム『VLivekit』をリリースしました。これは、YouTuberのライブ配信に特化したサービスです。

他サービスとの違い

YouTuberの人気に着目

近年は、テレビよりも『YouTube』を身近に感じている視聴者が多いです。その理由の一つに人気YouTuberの存在があります。

『VLivekit』は、YouTuberのライブ配信に特化したライブコマースツールです。『VLivekit』利用することで、YouTuberのキャラクターを存分に生かした配信ができます。

Vtuberのライブ配信も可能

「バーチャルYouTuber」、略して「Vtuber」は『キズナアイ』で一躍有名になりました。

バーチャルなYouTuberとして注目度上げており、『キズナアイ』の登録者数は100万人を突破!大手企業もマーケティングに利用するほど注目されています。

『VLivekit』は、Vtuberのライブ配信も可能としており、『YouTube』に100%振り切ったツールに仕上がっているのです。

結果どうなったのか

投げ銭機能により稼ぎの幅が広がる

『VLivekit』を使ってライブ配信すれば、従来のライブコマースのように、配信中に商品販売ができます。

稼げる理由はこれだけではありません。『VLivekit』には投げ銭機能がついているため、視聴者からの「応援」という形でチップをもらうことができるのです。

従来のライブコマース以上に、マネタイズが可能になりました。

本格的なスタジオを利用したライブ配信

『VLivekit』を提供している株式会社STARPは、ライブコマース専用のスタジオ『LivekitStudio』を用意しています。

東京都の港区六本木にあるオシャレなスタジオには、セットや配信道具が一式用意されているため、テレビ番組顔負けのライブ配信を可能としているのです。

このようなサービスにより、従来のライブコマースにありがちな、「簡素な配信だなぁ」という素人っぽさを脱却することに成功しました。

本格的な配信になれば、視聴者からの信頼度と購買力もアップするというものです。

【まとめ】将来なりたい職業ランキング上位のYouTuber×ライブコマースに注目

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000027668.html

YouTuberは、子供が将来なりたい職業のランキングで上位に食い込む人気を見せています。

大人達からすると「YouTuberなんて!」と偏見を持つのは否めませんが、時代が進むにつれて一般職になる可能性は十分高いです。

また、近年でメキメキと注目を浴びているVtuberは、新しいムーブメントを起こしているため、無視できない存在です。

このような概要からして、『YouTube』×ライブコマースの未来は明るいとも言えます。今後、『VLivekit』がどのような普及を見せていくのか、注目しておきましょう!

ライブコマースについて詳しく知りたい方へ

近年、インターネットやスマートフォンの普及で、オンライン購入をする人が格段に増えてきています。そのため、実店舗にある商品をECサイトで売るだけというシンプルな形態から、まさに店頭で直接やり取りしているかのような、消費者からのコメントに答えながら、商品の詳細や商品のブランドストーリーをリアル且つより分かりやすく、ライブ感のある形でモノを売る・広める方法を打ち出しています。それがライブコマースです。

ライブコマースを展開するために、他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、ライブコマースの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事