「Yahoo!ショッピング」には、登録ストアが無料で利用できるライブコマースがあります。それが、「Yahoo!ショッピングLIVE」です。

他サービスとの違い

「ストア」に特化している

インフルエンサーやタレントの配信に特化しているライブコマースが主流な中で、「Yahoo!ショッピングLIVE」は「Yahoo!ショッピング」に登録している法人ストアの配信に特化しています。

ライブコマース祭り

「Yahoo!ショッピングLIVE」を通して商品を購入すると、得られるTポイントが5倍になったり、価格が割引される「ライブコマース祭り」を行なっています。

結果どうなったのか

お客様への認知度が向上

たった1回の配信で、一つの商品の「お気に入り」が3000以上増えたり、10,000以上のアクセスを集めた事例もあります。「Yahoo!ショッピングLIVE」を通したお客様への認知度が広まっているのです。

人気タレント起用も知名度アップの秘訣

前述している通り、「Yahoo!ショッピング」に登録しているストアに特化したライブコマースです。

しかし、ストア側がタレントやお笑い芸人を起用した際は、有名人が登場するケースもあります。

例えば、藤田ニコルさんは自身がプロデュースを手掛けるブランド「NiCORON」のライブコマースに登場して、自ら商品をアピールしました。

通販事業の「メ~コレ」は、ミラクルひかるさんと原口あきまささんを起用して、ライブ配信しています。

このように各ストアが話題性のある配信をしている背景も、「Yahoo!ショッピングLIVE」の知名度を上げているのです。

事前予約&制限時間で離脱率を防ぐ

ライブコマースのサービスによっては、売り手側が1時間、あるいはそれ以上配信するケースがあります。

このような配信は必要以上に雑談が多くなり、ダラダラするケースもあるため、視聴者の離脱率が高くなる可能性があるのです。

「Yahoo!ショッピングLIVE」は、1つの番組枠を30分に固定しています。

販売出来る商品の数は、1回の配信で10商品までに固定しているため、ダラダラした配信になりません。

販売に必要な情報だけをキャッチできるため、離脱率を軽減できるのです。

まとめ

今回は、「Yahoo!ショッピングLIVE」というライブコマースに焦点を当てましたがいかがでしたでしょうか?

ご覧いただいたように、「Yahoo!ショッピングLIVE」は「Yahoo!ショッピング」で登録しているストアにとっては利用価値の高いサービスとなっています。

また、ポイントアップや割引サービスのイベントもあるため「Yahoo!ショッピング」を頻繁に利用するユーザーにとっても価値のあるサービスです。

Yahoo shopping LIVEのようなライブコマースシステムを構築したい方

動画の撮影機器などは専門外なのでわかりませんが、

アプリの開発やウェブサイトの開発、商品販売サイトや、ダイレクトで販売するためのネットショップ用の決済システムが必要になります。

生放送やアーカイブ方法と、ネットショップのシステムをコラボさせるイメージです。

あとは、細かい応用です。

サーバーの負荷をどれだけ軽減できるかという点も考慮しないといけません。

あとは何よりお客さんのアクセスをどれだけ増やすことができるのか、これにつきますね(^^)

大きなコミュニティを運営しているなどのプラットフォームを持っていることが重要になりそうです。

そういった意味で、ヤフー運営という看板はかなり大きいですよね。ヤフーというだけで人がいっぱい集まります。

開発費、製作費はいくらぐらい?

動画のスタジオや撮影機材、ライブコマースのタレント起用や番組作りは専門外なのでわかりませんが(専門業者の紹介は可能)

アプリの開発費、ネット決済システム周りの対応についてでいうと、1000万ぐらいの費用が最低限必要だと思われます。

ですが、スタートアップ等の場合はどうしても金額的な工面はできないでしょうから、費用を抑えながら質を上げないといけません。

その場合、日本人の給与や、アメリカ人等の給与は高すぎて人件費は賄えません。それでは品質を上げながら開発費用を2分の1以下にするというのはどうでしょうか?

それは、どんな方法か?  次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用削減課題とエンジニア、デザイナ不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事