(WEVOXトップページより)

今回は、組織が抱える課題を特定して改善するサーベイプラットフォーム、WEVOXのご紹介です。

株式会社アトラエが提供するこのサービスの概要や機能について知ることで、組織課題をより効率的に把握するための方法、そしてそれを円滑に運用するための工夫が分かると思います。ぜひご覧ください。

 

組織が抱える課題とは

働きがいや、働き方改革が推進される現代では、より従業員の気持ちに寄り添い、彼らがのびのびと働ける環境づくりを行なっていく必要が大いにあります。

しかし、そのための手段として人事部が使えるのは、紙の目安箱やGoogleのアンケートフォームなどしかなく、従業員の悩みや心境の把握と、その管理/後追いは全く出来ていないというのが現状でした。

そんな時、組織改善を進めていくにあたって有効なのが、このWEVOXです。

現状把握と改善をスムーズに行える

WEVOXは、独自のサーベイを駆使して従業員の状況を把握するだけでなく、その結果の一元的な管理を可能にすることで、後追いや改善をスムーズに行えるようにした理想的なプラットフォームです。

 

(https://wevox.io/about)

 

このWEVOXがその他のアンケートなどよりも優れている点は、「質問の設計・結果の集計・レポート作成を自動で行い、超短時間で組織の課題を把握改善できること」と、「従業員が簡単に答えられるような、不満をためない設計」の2つです。

 

1つ目に関しては、全ての作業を自動化するテクノロジーの力と、課題抽出を可能にしたデータ分析力のすごさが、これを支えていると言えます。
これまで全て人力でやっていた部分を自動化することで、そのリソースを更に有効活用できるようになるのです。

また、2つ目に関しては、あらゆるデバイスに対応することと、答えやすいシンプルなUI設計が答えやすいサーベイを作っています。
従業員の方は、これまでのアンケートよりも気軽に、現在の悩みや課題を組織のために提出することができるのです。

(https://wevox.io/function)

 

容易になった組織改善

このWEVOXを導入することで、組織の課題把握と改善は今までよりも圧倒的に容易になり、結果として導入企業では「働きやすい環境」や「人のポテンシャルが発揮できる組織」が実現されたのです。

(https://wevox.io/about)

まとめ

以上が、組織改善のためのサーベイ・レポート作成を自動化したプラットフォーム、WEVOXのご紹介となります。

自動化させるテクノロジーと、それにとどまらずより使いやすい設計にこだわる工夫が、WEVOXの導入を広げ、組織の改善を進めているのですね。

wevoxのようなサーベイシステム開発をお考えの方、サービスとして始めたい方へ

労務管理を感覚で行っている会社は少なくありません。

実際に従業員がどう思っているのか、事前に空気を察して動けるようにするというのはとても重要です。ただ、従業員それぞれの表情や雰囲気を全て読むのは至難の業でしょう。そういった際に必要なのが本システムです。

やはり、従業員歴と声が大きいやつの内容はよく見えるけど、大人しい方や、入ってばかりの方は読めないですよね。

大人しい人の意見を汲みやすいというのは意外にも大きなメリットだと思いませんか?

今後上位の管理職の方には必要なシステムになるでしょう。このシステム、どんどん流行っていきますよ!

開発費はいくらぐらいか? 半額にする方法とは?

最初の段階であれば1000万程度の資金で開発はできるでしょう。ただ、そのあとの商品の磨きこみで実際どれぐらいかかったのかは少々未知数です。

ただ、スタートアップや、新規事業としてはじめる場合は1000万というのはやはりリスクになります。

日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、人件費が高騰していることからとても高いのです。

では、どうするのか? 次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用削減課題とエンジニア、デザイナ不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事