(サービスサイトより)

今回の記事では、アルバイトの人員を有効活用するためのシェアリングプラットフォーム、Sync Upをご紹介します。

人材業界においては大きな影響力を持つパーソルグループが開発したこのプロダクトは、アルバイト領域に存在する課題を解決し、今では大手飲食チェーン店などでも導入されている画期的なプロダクトです。

このプロダクト事例を知ることで、業界が抱える課題に対してピンポイントなソリューションが提供できる、ITソリューションの力の大きさを体感できると思いますので、ぜひご一読ください。

アルバイトに関する課題

現在、飲食業界におけるアルバイト人材はどの店舗においても不足しているのが現状で、繁忙期や週末などでは多くの店舗がシフト不足に悩んでいます。

そして、そんなシフトの穴を埋めるために店長などの現場マネジメント層は、関係各所にシフトのヘルプを出す工数がかかっていたのです。

(https://sync-up.info/)

一方で、アルバイト店員側からしても、先の予定が分からないからこそシフトを埋められないのであり、「もっと働きたいというニーズは確実に存在しています。

https://sync-up.info/

そんな双方の課題に対して、ピンポイントなソリューションを提供するのが、Sync Upなのです。

Sync Upによるソリューション

Sync Upでは、飲食店側が足りていない時間帯をシステムに登録するだけで、その店で働くことのできる潜在スタッフ全てに通知が行き、空いているアルバイトスタッフを有効活用することができます。

https://sync-up.info/

このような仕組みを実現しているテクノロジーの凄さは、どのようなデバイスでもシフトを確認できる点や、シフトの登録と同時にアルバイトスタッフのデバイスに通知を送ることができる開発実装でしょう。

こうした仕組みによって、店舗側とスタッフ側双方のニーズが満たされるプロダクトとなっているのです。

結果どうなったか

結果として、このプロダクトを導入している飲食チェーン店では「シフトの穴を埋められるようになった」という声が上がっている他、「シフトが合わないだけで、潜在的には働きたいと考えているスタッフがここまでいることに驚いた」という意見も聞こえているそうです。

こうしたプロダクトが広まっていけば、店舗や時間に縛られることのないフレキシブルなアルバイトの文化が普及するかもしれませんね。

まとめ

以上が、アルバイトのシフトを調整するプラットフォーム、Sync Upのご紹介となります。

課題に対してピンポイントでソリューションを提供しているITプロダクトの事例として参考になれば幸いです。

Sync UPのような開発をお考えの方、サービスとして始めたい方へ

ヘルプシフト管理システムと公式サイトでは掲載されています。中々ありそうでなかったものを実現しましたよね^^

現在だとピザハット等に導入されているのだそうです。

開発費はいくらぐらいか? 半額にする方法とは?

このシステムは簡単にいうと、店舗の足らないシフトを一斉メールで登録者に連絡。フリーター側は、空いているのでどこか空いていませんか?という一斉メールを店舗に連絡するシステムです。

そのために必要なシフトはスケジュール登録システムやステータス状況を常に変更できるシステムですね。同じ商品を扱い続けているチェーン店であれば使えるシステムになります。実はそこまで開発が難しい案件でもありません。800万~ぐらいからできるのではないでしょうか。

ただ、スタートアップや、新規事業としてはじめる場合は800万というのはやはりリスクになります。

日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、人件費が高騰していることからとても高いのです。

では、どうするのか? 次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用削減課題とエンジニア、デザイナ不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事