STARP株式会社は、企業導入向けのライブコマース『Livekit』をリリースしています。

他サービスとの違い

ライブ配信では自社商品を販売できますが、それだけではなく、投げ銭機能による収益獲得も可能です。マネタイズの幅が広がっています。

結果どうなったのか

プロスタッフによるハイクオリティなライブコマース

一般的なライブコマースは、簡易的なカメラで配信しています。自宅から配信するケースも多く、こじんまりした印象も…。

『Livekit』は、STARP株式会社が用意したスタッフとスタジオで配信しており、テレビ番組のハイクオリティのライブコマースで質の高さを感じます。

最短1日で導入可能

『Livekit』は、最短1日で導入することができます。導入に時間をかけていた企業も、すぐにライブコマースをスタートさせることが可能なのです。

インフルエンサーの派遣も提案

ライブコマースの成功確率を上げるポイントに、インフルエンサーの存在があります。インフルエンサーとは、SNS上の人気者で有名ですよね。SNSもライブコマースもネットを活用しているため、「インフルエンサー×ライブコマース」は良質な組み合わせとなっています。

STARP株式会社では、配信者としてインフルエンサーの派遣も可能なので、各企業でインフルエンサーを確保する必要はありません。ファッション、メイクなど、様々なジャンルに特化したインフルエンサーを提案可能なので、気軽に相談してみることをおすすめします。

ソフマップ代表取締役社長は「結婚できる!」と高評価

アイドルや声優のCDやDVDその他グッズを販売している「ソフマップ」は、『Livekit』を導入してライブコマースに参入しています。

ソフマップは店内イベントに力を入れていますが、遠方に住んでいるファンは参加できませんでした。しかし、ライブコマースを導入することで、その課題をクリアしたのです。

その結果を受けて、ソフマップの代表取締役社長である渡辺武志氏は、「『Livekit』と結婚できる!」と高い評価を示しています。

【まとめ】「Livekit」で簡単かつ高クオリティな配信を

出典:https://livekit.jp/

いかがでしたか。『Livekit』が簡単に導入できて、ハイクオリティなライブ配信を可能にしていることがわかりますね。

ソフマップの社長が絶賛している背景もあり、『Livekit』は、信頼感の高いプラットフォームとなっています。手っ取り早く導入出来るライブコマースをお探しの企業は、『Livekit』を検討してみてはいかがでしょうか。

ライブコマースについて詳しく知りたい方へ

近年、インターネットやスマートフォンの普及で、オンライン購入をする人が格段に増えてきています。そのため、実店舗にある商品をECサイトで売るだけというシンプルな形態から、まさに店頭で直接やり取りしているかのような、消費者からのコメントに答えながら、商品の詳細や商品のブランドストーリーをリアル且つより分かりやすく、ライブ感のある形でモノを売る・広める方法を打ち出しています。それがライブコマースです。

ライブコマースを展開するために、他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、ライブコマースの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事