世界的な大企業のスターバックスでも、もちろんITを活用したビジネスが行われています。この記事では、ビッグデータやAIを活用してビジネス力を向上させたスターバックスの例をご紹介します。

ビッグデータ・AIを活用したスターバックス

世界中に約25,000店舗を構えるスターバックスでは、1週間で9000万回もの取引が行われています。顧客とのやり取りが大量に発生する強みを活かし、ビッグデータやAIを活用してダイレクト・マーケティングを行なっています。

顧客データをサービス向上に活かしていることについて、次の項目から具体的に見ていきましょう。

スターバックスの顧客データの集め方

データを活用する前に課題となるのが、データを集める方法です。スターバックスではリワードプログラムとスマートフォンアプリを立ち上げることにより、顧客データを大量に効率良く集められるようになりました。

スマホアプリには1700万人、リワードプログラムには1300万人のユーザーがいます。これだけの大人数のユーザーが、いつ・どこでコーヒーを買ったか、また合わせて何を買ったか、というデータを集められるようになったのです。

スターバックスにおける顧客データの活用方法

前の項目では、顧客データの集め方について説明しました。この項目では、具体的な顧客データの活用方法2つをご紹介します。

データの活用方法①より良いサービスの提供

ユーザーがいつ・どのような飲み物を買ったのか、スターバックスは情報をストックしています。初めて訪れる店舗でも、アプリをバリスタに見せることで、ユーザーはいつも飲んでいる飲み物を簡単に注文することができるようになりました。

また、いつも飲んでいる飲み物の傾向から、ユーザーに合った新商品をアプリが提案してくれる仕組みを作りました。これはクラウド上のAIにより、おすすめの飲み物・食べ物を表示する機能です。

データの活用方法②新店舗の場所を決定

新しい店舗をどこに出店するかを決めるときも、顧客のビッグデータを活用することができます。Esri社が開発したAtlasというシステムを使い、既存のスターバックス店舗や周辺の交通量などから、新店舗に適した場所を分析しているのです。

まとめ

ビッグデータとAIについて、スターバックスの活用例を紹介しました。データの活用により、効率良く顧客満足度を高められることの好例と言えます。スターバックスのような世界中に店舗があるチェーン店でなくても、顧客データの活用は企業にとって重要なミッションになっていくでしょう。

英語記事参考リンク

 

スターバックスのやっている顧客データの情報分析や、出店をするためのAI分析により売上を上げるためのシステム開発を行いたい方へ

ビックデータ分析はどこか大企業だけの問題だと思っていませんか?

もし、そうだとしたら大きな売り上げを損しています。

殆どの経営者や現場担当者は、概ね「感覚」で仕事をしています。ですが、感覚というのは見る角度を変えると固定概念ということともいえます。

常に顧客情報を正確に理解することは、ビジネスにおいてマストといえるでしょう。

今、正確にお客様のことを理解していると言えますか?

もし言えないのであれば、しっかり顧客を再確認することです。ほぼ100%中小企業の会社は自社のターゲットを理解していません。

何故なら数字の根拠を持って分析をしていないからです。1ヵ月で1000人のお客さんがきたときに、統計としてどんな属性が多かったか、完璧に当てれる人は中々いません。

そのためにも、顧客管理のツール、もしくは顧客分析を行うためのツールはマストです。

ただ、残念ながら自社に完全に合った顧客管理ツールを発掘するのは難しいです。仮に導入してもカスタマイズを沢山おこない、結果新規で開発を再度行っていくという流れが大半です。(10社あれば8社は新規で作り直すハメになります。)

突き詰めて自社に合ったツールにしようとすると既製品では不可能です。

だとしたら、最初から作り直したほうが安上がりですし、投資した資産は開発物として残ります。

 

開発費は1000万越え?

になるかどうかはわかりません。

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発も費用をつぎこめば、だいたいよくなっていきます。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか? 次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰問題とエンジニア、デザイナ不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事