空室を活用しよう!人材不足でも運用できる不動産テックとは

不動産業界と人材不足は切っても切れない関係です。
そんな人手不足の不動産業界でどうやってサービスを効率的に運用していくべきなのでしょうか。
様々な課題や問題を解決する手段として、近年不動産テックが注目されています。

スペースを持っていても活用しきれない理由

これまで「広さ」や「機能」などのハード面が重視されていた不動産ですが、「サービス」などのソフト面を重視した不動産へシフトしています。

これまでのように不動産としてのハードを所有していても、サービスのソフト面も満たしていないと不動産で収益が生まれにくくなっているのが現実です。

また、せっかく空きスペースを活用したいと思っても、下記のように困っていたりしませんか?

    1.  顧客対応に負担がかかっている
    2. 入金確認処理が煩雑
    3. 鍵の管理や入退室の管理が複雑
    4. 人件費がかかっていて収益を圧迫している

収益化を実現するために

『スマート会議室』では、スマートロックを活用した貸会議室予約・決済システムを提供しています。

携帯電話を使って、セルフで会議室を利用できるサービスで、空室の収益化ソリューションとして注目を集めています。『スマート会議室』では、予約管理、顧客管理、入退出管理、決済管理の4つの業務に対応しています。

出典:スマート会議室

『スマート会議室』の利用方法

『スマート会議室』の利用の仕方は、簡単です。
事前に携帯電話から予約をして、当日会議室に着いたらデジタルキーで解錠と施錠をするだけです。

  • 事前:『スマート会議室』のアカウントを作成する
  • 事前:利用したい会議室・時間を予約する
  • 事前;予約完了のメールが届く
  • 当日:マイページにログイン
  • 当日:カギ一覧より鍵を選択
  • 当日:鍵を解錠
  • 当日;カギ一覧より鍵を施錠

『スマート会議室』のメリット

このサービスでは、予約から解錠、決済に至るまでセルフで且つ携帯電話で完結できるため、これまでのように対応するフロントを用意したり、担当者を採用する必要がありません。

    1. 予約はWEBカレンダーから受付、バーチャルキーで解錠することで鍵の受け渡しが不要に。
    2. スマートロックは工事が不要、リモート操作、状況確認ができるため、顧客対応が楽に。
    3. システムが自動で入金ステータスを管理してくれるので、入金確認が不要に。
    4. 無人対応が可能なため、人件費の削減に。24hの営業も可能に。

また、リアルタイムで空室がわかるため、効率よく空室を埋めることが可能です。

実際にどのような場所で使われているか

スマートロックが使われているのは、会議室やフリースペースが多いですが、中には完全個室のパーソナルジムもありました。

あなたも不動産テックを活用して、人材のコストを減らし、無人化、効率化、収益化を実現しましょう!

不動産テックについて詳しく知りたい方へ

不動産業界では、近年、労働力不足のほか、ITリテラシーや生産性の低さ、不透明性なども相まって、危機的な状況を迎えていると不安視されています。そこで、テクノロジーを活用しながら、不動産業界に新たな風や変革を巻き起こすため、様々な企業が不動産テックに乗り出し、これまでできていなかったことを可能にしたり、生産性や利便性に加え、業界自体の透明性や効率性の向上を急速に図りつつあります。不動産テックがますます発展すると、不動産業界のみならず、消費者への情報の質が劇的に改善されて、より正確な不動産情報を共有できるようになるほか、不動産取引が活発化される可能性も高まり、マーケット拡大も期待されています。

しかしながら、このように、自社でも不動産テックのサービスを導入したり、社内で不動産テックに関連するサービスの開発を進めようとする企業が増えているものの、開発や運用方法、費用などの課題を突破できずにいる企業も多いのが実状です。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、不動産テックのサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事