SCOUTERサービスページより)

今回は、転職領域において日本初のソーシャルヘッドハンティングを実現させたプロダクト、SCOUTERについて、その機能やテクノロジーをご紹介します。

この記事を読めば、これまでの転職業界の常識に縛られない考え方や、新しいビジネスモデルを実現させるITの可能性を知ることが出来ますので、ぜひご覧ください!

これまでの転職領域の課題

これまで、転職領域において主要だった方法は、①転職エージェントの紹介による転職、もしくは②求人に応募する転職の2つでした。

しかし、求人による転職は「自分がこの企業に向いているのかが分からない」という転職者の不安を払拭しきれず、かといって転職エージェントやヘッドハンターもそれぞれノルマを抱えており、100%転職者の意向に寄り添えるわけではありません。

こうした課題をITによる力で解決したサービスがSCOUTERです。

ITを使ってどう解決したのか

SCOUTERは様々な企業で活躍している社会人の方を、ヘッドハンターとしてプラットフォームに登録しているため、中立な立場で、かつノルマもなく転職者の希望や悩みに沿った転職先を紹介することができます。

(https://service.scouter.co.jp/talent)

こういった課題解決を可能にしている要素として、1つ目にヘッドハンターの質とプライバシーを担保して、双方がより安心して良いマッチングを作れるような状況を形成したことが挙げられます。

スカウターになるための審査、そしてスカウターになってからは他の企業にその情報が漏れないような仕組みを作ったことで、より良いスカウターを囲い込み、結果的に良いマッチングを埋めるようになったのです。

 

そして2つ目に、アルゴリズムによる転職者毎の自動レコメンドシステムを作ったことが挙げられるでしょう。

こうした求人レコメンドがあることで、転職を希望する会社が決まっていなくても気軽に転職のマッチングが行えるようになったのです。

企業/転職者/スカウター、三方良しの結果に

結果として、このSCOUTERによって、

企業

より工数をかけることなく、意欲のある転職者との接点を増やすことができた。

転職者

自分では気づかないような可能性を見出してくれて、新しい活躍の場を知れた。

スカウター

新しいマッチングを生み出し、結果的に報酬ももらえた。

 

という三方良しの状況が生まれたのです。

まとめ

以上が、転職業界の課題を解決し、新しいマッチングの形を生み出したSCOUTERのご紹介となります。

新しい発想とそれを形にするテクノロジーが合わさり、素晴らしいプロダクトが完成したのですね。

SCOUTERのような開発をお考えの方、サービスとして始めたい方へ

現在の求人市場は白熱していますよね。そして確かに本記事で取り上げている通り、ヘッドハンターはノルマがあり、無理な斡旋状況が多く見受けられます。それだけ儲かるという意味でもあります。

ただ、やはり世の中にとって必要なもの、意味のあるものでないと世の中に浸透していけません。そういった意味で本サービスは一つの答えになりえそうな可能性があります。紹介というのがいいですね^^

開発費はいくらぐらいか? 半額にする方法とは?

最初の段階であれば1000万程度の資金で開発はできるでしょう。ただ、そのあとの商品の磨きこみで実際どれぐらいかかったのかは少々未知数です。

ただ、スタートアップや、新規事業としてはじめる場合は1000万というのはやはりリスクになります。

日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、人件費が高騰していることからとても高いのです。

では、どうするのか? 次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用削減課題とエンジニア、デザイナ不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事