進化するサロン向けPOSレジ「Sacla(サクラ)」とは?

今美容業界で注目を浴びているPOSレジ「Sacla(サクラ)」

サロン向けのPOSレジを活用したITソリューションは数多く世に出回っていますが、一味違うと評価されています。見やすさ・分かりやすさを重視しており、忙しい現場を意識した簡易操作設計が人気です。

「Sacla」を利用することで、どのようにして業務効率改善へつながっていくのかをご覧ください。

1.限られた時間で膨大な量の仕事をこなす

美容サロンの日々の業務は、他業種と比較しても激務だと言われています。

清掃業務や朝礼から始まり、その日来店されるお客様の情報も把握しておく必要があります。前回のご来店からどのくらい期間が空いているのか、どのような会話で盛り上がったのかなど、お客様に合わせて準備をしなければなりません。また、お店のイベントや企画がある場合には、それらの内容をお客様にどのようにアナウンスするのかもシミュレーションしておく必要があり、お店により仕事量はさらに増えていきます。

そんななか、日頃から扱うPOSレジの操作が複雑であると、業務効率にも支障をきたします。これらの問題点や悩みを解消へと導いてくれるのが、操作性と機能性を併せ持つ「Sacla」なのです。

2.店舗運営を徹底的にサポート

多くの情報が飛び交う現場でも柔軟に対応できるように、ひとつの画面上で多くの操作が可能となっています。

ひと目で「顧客名」「会員区分」「担当者」「来店動機」「来店履歴」などが把握でき、予約受付も「電話予約」「WEB予約」「サイト予約」などを一元管理できるシステムとなっています。ワンクリックで「カルテ詳細」「技術履歴」も確認できるため、どのようなメニューで平均いくらの施術料を使っているのかも瞬時に把握できます。

会計システムや売上システムも搭載されているため、支払いや売上管理もスピーディーにこなせるのが魅力です。

3.無駄を省き生産性をアップさせる

これまでに多くの作業時間を費やしていた「受付業務」「顧客管理」「予約確認」「日報業務」など、すべての業務が「Sacla」ひとつで完結します。すべてが効率よく連動するため、作業効率が大幅にアップし、生産性の向上へとつながるのです。

閉店業務時間の短縮による残業代の削減、事務作業効率化による時間の確保など、無駄な経費を削減し、なおかつカット練習や企画立案に使う時間をも確保できるようになります。

日々の業務で「もっと効率よく」「経費を削減したい」とお考えのオーナー様方は、ぜひ「Sacla」活用をご検討ください。ゆとりあるサロン経営を実現させましょう!

IoTについて詳しく知りたい方へ

さまざまな業界で急速に普及が進んでいる、IoTやビッグデータ。今や、多くの企業で、IoTを活用したサービスの実証実験や実用化が進んでおり、今後も目覚ましく著しい発展が期待されています。企業にとっては、自社のビジネスとの親和性や競合他社の取り組みを見極めながら、IoTを活用した新技術や新サービスをどのように拡大させていくか、日々試行錯誤しながら真剣に検討していることでしょう。

こういったIoTを活用したサービスを導入したり、自社でサービスを開発してみたいけど、気になるのは、開発方法や費用。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、IoTやビッグデータを活用したサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事