株式会社ロクトーナは、中国人に商品を紹介&販売できるライブコマースを開始しました。中国企業のアリババが提供している『淘宝網』というECプラットフォームを活用したものです。

テレビ東京で放送されている「ワールドビジネスサテライト」で、東急百貨店からライブ配信する様子を特集されるくらい注目されています。

業界課題

かつて、百貨店の売り上げは、軒並み良好でした。しかし、人口の減少や若者世代の収入低下などの流れを受け、残念ながら、年々売り上げは低下しています。

しかし、日本の商品の品質の高さに変わりはないため、外国人からの注目は高まる一方です。特に、中国では需要があります。そこで、中国語圏を中心に商品をアピール術はないか考える百貨店が増えたのです。

ITを使ってどう解決したのか

株式会社ロクトーナは、百貨店向けのライブコマース提供を開始しました。中国の大手ショッピングサイト「アリババ」が提供するECプラットフォーム『淘宝網』を活用したサービスです。

このサービスを通じて、百貨店側は日本の店舗にいながら、中国に商品を紹介&販売できるようになりました。数時間の配信で数万人が視聴するケースもあるため、注目度は非常に高いです。

中国語を話せるスタッフを用意する必要はない

中国に向けてライブコマースする上で、課題となるのが言語です。

株式会社ロクトーナから中国語対応できるスタッフを派遣し、そのスタッフが百貨店からライブ配信するため、言語の心配は要りません。

中国への配送もしてくれる

ライブコマースを通して百貨店の商品が売れた場合は、中国に配送しなければなりません。本来なら海外への配送手続きは手間がかかりますが、株式会社ロクトーナが一任してくれるので、作業負担を軽減できます。

海外を経由する入金や配送は、本来なら為替変動による価格差を気にしなければなりませんが、為替リスクは株式会社ロクトーナが全額負担してくれるのもメリットです。

結果どうなったのか

今まで百貨店で商品が売れるのを待つだけの状態から、世界へ販売アピールできるようになったため、売り上げを常時確保できるようになりました。

配送手続きや為替リスクを株式会社ロクトーナが負担するからには、百貨店側はプロモーション費用がかかります。しかし、1日でプロモーション費用を回収できる配信も見られるようになったのです。

まとめ!百貨店とライブコマースのタッグは相性が良い

出典:https://www.roctona.com/

中国ではライブコマースの需要が拡大していますし、日本に観光に来た際の爆買いブームもあるため、百貨店とライブコマースのタッグは相性が良いと言えます。

今後、日本の百貨店でこのような流れがどこまで拡大していくのか。目が離せませんね。

ライブコマースについて詳しく知りたい方へ

近年、インターネットやスマートフォンの普及で、オンライン購入をする人が格段に増えてきています。そのため、実店舗にある商品をECサイトで売るだけというシンプルな形態から、まさに店頭で直接やり取りしているかのような、消費者からのコメントに答えながら、商品の詳細や商品のブランドストーリーをリアル且つより分かりやすく、ライブ感のある形でモノを売る・広める方法を打ち出しています。それがライブコマースです。

ライブコマースを展開するために、他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、ライブコマースの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事