不動産テックで何が変わるのか

最近、不動産テックが注目されていますが、不動産テックで何が変わるのでしょうか。

『おうちダイレクト』は、これらのIT技術を活用した不動産テックにより、家を買いたい方や売りたい方をダイレクトに繋げるサービスを行なっています。ヤフオクやメルカリのようなインターネット上での売買を不動産で可能にしたのが『おうちダイレクト』です。

『おうちダイレクト』では、「AIでわかる、ITでつながる」をキーワードに、「マッチングサービス」と「仲介サービス」、「売却価格一括査定依頼サービス」の三つのサービスを提供しています。

出典:おうちダイレクト

仲介手数料をタダに

「マッチングサービス」で「売却仲介手数料0円」を実現しています。これは、Yahoo!不動産に不動産物件のオーナー自らが物件を掲載して、セルフ登録をすることで仲介手数料を0円にしています。

「仲介サービス」では、ヤフーの指定する不動産仲介会社が、物件の売買取引が完了するまでサポートを行ってくれます。この場合は仲介手数料が有料です。

「売却価格一括査定依頼サービス」では、ソニー不動産とソニーのR&D部門が共同開発した高精度シミュレーターで、マンションの売却推定額をすぐに知ることができます。『おうちダイレクト』では電話連絡・訪問は一切ありません。リアルタイムでわかるため、これまでのように営業担当者に連絡をして回答を待つ必要がありません。

出典:おうちダイレクト

不動産テックが浸透するためには

『おうちダイレクト』はマンション流通革命と、画期的なサービスと話題になりましたが、大胆なサービスながら、課題として利用するユーザーにも、物件を売買するための不動産知識と、ネットサービスを駆使するだけのITリテラシーが必要となるため、浸透までまだ時間がかかりそうです。

不動産の売買には大きなお金が動くため、自分だけでは不安で専門家の知識と知恵を借りたい場合や早期売却・早期決済したい場合には、現状では向かない傾向があるようです。

今後の人材採用

ビッグデータと独自のアルゴリズムを用いて高い精度を誇る、不動産価格推定エンジンを使っている『おうちダイレクト』。時期や景気、エリアの地価変動など様々な要素を考慮に入れて、常に最新の推定額を即時に算出できるサービスをAIが行うことで、不動産会社からの営業連絡など一切なく、WEB完結且つ簡単に価格を知りながら、物件を得ることができます。

今後、さらに精度が高まり、サービスが浸透すれば、不動産営業担当が必要なくなる日も近いかもしれません。

不動産テックについて詳しく知りたい方へ

不動産業界では、近年、労働力不足のほか、ITリテラシーや生産性の低さ、不透明性なども相まって、危機的な状況を迎えていると不安視されています。そこで、テクノロジーを活用しながら、不動産業界に新たな風や変革を巻き起こすため、様々な企業が不動産テックに乗り出し、これまでできていなかったことを可能にしたり、生産性や利便性に加え、業界自体の透明性や効率性の向上を急速に図りつつあります。不動産テックがますます発展すると、不動産業界のみならず、消費者への情報の質が劇的に改善されて、より正確な不動産情報を共有できるようになるほか、不動産取引が活発化される可能性も高まり、マーケット拡大も期待されています。

しかしながら、このように、自社でも不動産テックのサービスを導入したり、社内で不動産テックに関連するサービスの開発を進めようとする企業が増えているものの、開発や運用方法、費用などの課題を突破できずにいる企業も多いのが実状です。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、不動産テックのサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事