「ミーアンドスターズ」というライブコマース会社が話題になっています。会社の役員に、俳優の山田孝之さんや元競泳選手の北島康介さんが名を連ねているからです!

これだけの有名人が役員に参加している企業は、なかなか見られません。一体どのようなライブコマースを提供しているのでしょうか?

他サービスとの違い

“トップオブトップ”にこだわっている

ライブコマースは、売っている商品の質も大事ですが、「《誰》がライブ配信しているのか?」の方が重要です。その点において、ミーアンドスターズは群を抜いています。

ミーアンドスターズでは、芸能人やタレント、デザイナーや文化人の中から「トップオブトップ」を選出してライブコマースを展開しているのです。

インターネット上だけで人気を博しているインフルエンサーよりも、彼らの影響力の方が強いのは言うまでもありません。

山田孝之さんが取締役CIOに!

ミーアンドスターズが注目を集めている一番の理由は、役員に俳優の山田孝之さん(取締役CIO)がいるからです。

さらに、競泳でオリンピック金メダルを獲得した北島康介さん(執行役員CSO)も!他社とは一線を画した強力な布陣です。

結果どうなったのか

北島康介さん登場のライブオークションは好評のうちに終了

ミーアンドスターズの配信では、多数の有名人を起用しており、北島康介さんもライブオークションに参加しています。

そんな背景もあり、ライブ配信にはコメントが殺到!北島康介さんは、ライブ配信に対して「ライブのコメントで皆さんの声が聞けてよかった!」「また機会があったらやりたい」とコメント。

配信が大成功に終わったことを報告しています。

スターとファンのリアル体験

ミーアンドスターズでは、商品を販売するだけではなく、配信者と購入者がリアルに対面できる体験も提供しています。

テレビ界のスターならではの知名度や集客力、ファン力を活かした企画です。利用者にとって忘れられない思い出になることは間違いありません。

様々な形式で収益化できる

ミーアンドスターズの視聴者は、入札、購入、投げ銭などでライブ配信に参加できます。つまり、配信者は様々な形でマネタイズできるということです。

【まとめ】山田孝之さんの更なる活躍に注目

出典:https://www.wantedly.com/companies/meandstars

多方面のメディアで活躍している山田孝之さんが、ライブコマース事業に着手しているとは意外ですね。エンタメの経験が長い山田孝之さんが一体どのようなライブコマースを展開していくのか?目が離せません。

ライブコマースについて詳しく知りたい方へ

近年、インターネットやスマートフォンの普及で、オンライン購入をする人が格段に増えてきています。そのため、実店舗にある商品をECサイトで売るだけというシンプルな形態から、まさに店頭で直接やり取りしているかのような、消費者からのコメントに答えながら、商品の詳細や商品のブランドストーリーをリアル且つより分かりやすく、ライブ感のある形でモノを売る・広める方法を打ち出しています。それがライブコマースです。

ライブコマースを展開するために、他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、ライブコマースの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?

人件費が低く、比較見積りが可能な、海外を拠点にしているオフショア開発専門の一括見積サイトにて比較検討をすることにより、人件費を抑えながら、多くの提案を手に入れることができます。品質も日本品質で開発されているため、信頼を損なうこともなく、安心して開発に取り組めますよ。

これ以上にコストメリットがある方法はありません!

おすすめの記事