株式会社マルジュは、WebRTCの技術を用いた『マルキャス』というライブ配信機能をリリースしています。

近年流行りのライブコマースに導入しても良いですし、それ以外の様々な分野でも活用できるシステムです。

業界課題

ライブチャットしながら商品を販売できるライブコマースは、中国では巨大な市場に成長しています。日本では知名度がイマイチな印象は否めませんが、それでも導入する企業が急増中です。

ライブコマースの導入は、開発費用と運営ロジック、画質管理など様々な工程を踏まなければなりません。導入のハードルが高いと捉えられ、諦めがちな企業も多いです。

ITを使ってどう解決したのか

『マルキャス』は、ライブコマースに必要な機能を一通り集約しています。そのため、『マルキャス』を使えば特別な準備は必要なく、簡単なAPIサンプルページを使えば、企業の既存システムにすぐ導入できます。

動画配信中にはテキストを使ったチャットができるのはもちろん、音声でのやり取りも可能です。

トライアルあり

まだ使ったことのないシステムをいきなり有料で試すのはリスクがありますが、『マルキャス』は30日間無料で利用できるトライアルがあるので安心です。

トライアル期間中も全ての機能を滞りなく利用できます。なお、トライアル期間の延長相談も可能です。

結果どうなったのか

ユーザーの動向がわかるリアルタイムコミュニケーション

『マルキャス』のWebRTCを駆使すれば、テキスト音声映像などを駆使して、消費者とリアルタイムコミュニケーションを取ることができます。

これにより、

「あと●●円安かったら買いたい」
「その商品、●●の概要はどうなってるの?」

などの消費者の動向が分かるため、配信側は、商品を売るための急な機転を利かせること可能となり、商品をさばくことができます。

アイデア次第で様々な使い方

アイデア次第では、ライブコマースとしての使い方だけではなく、下記のような使い方もできます。

・投げ銭配信
・ゲーム配信
・スポーツ配信
・ビデオ会議
・Webセミナー
・Webカウンセリング
・監視&見守り
・ボイスチャット
・電話占い
・コールセンター
etc。

一般のライブコマースは、商品販売に特化したものが多いため、この柔軟性はとても魅力的です。ライブコマースにあまり興味を持っていないケースでも導入する価値があるといえるでしょう。

【まとめ】様々な使い方を高解像度で

出典:https://marucast.jp/

いかがでしたでしょうか?前述したように、『マルキャス』が提供をしているサービスは、アイデア次第で様々な使い方ができる柔軟さが魅力です。また、『マルキャス』が配信する画像は、フルHDや4Kなので高解像度。どんな使い方をしても視聴者への伝わり方が鮮明です。

画質最優先のライブ配信にこだわりたいケースでは、外せないツールとなっています。

ライブコマースについて詳しく知りたい方へ

近年、インターネットやスマートフォンの普及で、オンライン購入をする人が格段に増えてきています。そのため、実店舗にある商品をECサイトで売るだけというシンプルな形態から、まさに店頭で直接やり取りしているかのような、消費者からのコメントに答えながら、商品の詳細や商品のブランドストーリーをリアル且つより分かりやすく、ライブ感のある形でモノを売る・広める方法を打ち出しています。それがライブコマースです。

ライブコマースを展開するために、他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、ライブコマースの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事