KING OF TIMEサービスサイトより)

今回は、今まで紙による管理が当たり前だった勤怠管理に対して、ITテクノロジーを導入して課題を解決した勤怠管理システム、KING OF TIMEをご紹介します。

これを読むことで、従来のアナログ管理を効率化する意義や、スイッチングの際に気をつけるべきことが理解できますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

勤怠管理にあった課題とは

これまで、企業における勤怠管理は紙のタイムカードでやることが当たり前であり、月末の勤務時間を集計する作業は非常に工数のかかるものでした。

一方で、こうした現状に対してPCやその他デバイスで自動化を試みても、その操作に慣れていなかったり、操作を忘れてしまったりする場合があり、アナログにせよデジタルにせよ、その管理は非常に面倒だったのです。

 

ITを使ってどう解決したのか

そこでKING OF TIMEがまず工夫したのは、サービスの使いやすさです。

https://www.kingtime.jp/より)

このようにシンプルな画面設計と使用感を追求することで、紙よりも分かりやすく、かつ管理のしやすい勤怠管理を可能にしました。

 

また、これまでは記録するだけだった勤怠管理に対して、遅刻のアラートやシフト管理、勤務時間の自動計算など多彩な機能を追加したこともKING OF TIMEが優れている点の1つでしょう。

(https://www.kingtime.jp/ より)

こうした機能を可能にするテクノロジーの力が、今までの勤怠管理からKING OF TIMEに変える際のスイッチングコストを乗り越える要因となり、導入企業が増えたのです。

導入企業での変化

このKING OF TIMEを導入した企業では、勤怠管理に関する多くの作業が効率化され、人事部の仕事が大幅に減ったという声が聞こえています。

また、給与計算や労務管理においても、このKING OF TIMEと連携して行うことでかかる工数が一気に減り、システムの一本化が可能になったそうです。

 

そして、会社だけではなく従業員の方にとっても、紙ではなく指紋やスマートフォンで打刻できるようになったことで出勤/退勤時の負担が減ったという声が上がっています。

双方にとってメリットがある、非常に優れたサービスであるということが出来そうですね。

まとめ

以上が、ITを使った勤怠管理システム、KING OF TIMEのご紹介となります。

アナログで非効率な部分に対して、ITを用いた解決策を効果的に使っている好事例の1つとして、ぜひ参考にしてみてください。

勤怠管理の開発をお考えの方、サービスとして始めたい方へ

勤怠管理は管理職と人事部、または総務部にとって頭痛の種ですね。

King of timeでできることは

残業時間の管理
スケジュール・シフト管理
管理者権限機能による確認範囲、承認範囲を設定
ワークフロー(申請・承認)
有給休暇・休暇管理機能
残業時間超過等のアラート機能
時間区分や、残業管理など様々な就業ルールに対応
各種給与計算ソフトとの連携
帳票出力(Excel・CSV・PDF)
勤務状況確認
英語対応・海外対応(表示言語の変更)
働き方改革関連法に沿った設定ができる

基本これ一つで労務管理は便利になります。

では、このサービスを開発しようとしたらいくらぐらいなのかの予測値について↓

開発費はいくらぐらいか? 半額にする方法とは?

最初の段階であれば1500万程度の資金で開発はできるでしょう。ただ、そのあとの商品の磨きこみで実際どれぐらいかかったのかは少々未知数です。

ただ、スタートアップや、新規事業としてはじめる場合は1500万というのはやはりリスクになります。

日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、人件費が高騰していることからとても高いのです。

では、どうするのか? 次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用削減課題とエンジニア、デザイナ不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事