サービスHPより)

『Jooto』とは、株式会社PR TIMESが提供するタスク・プロジェクト管理ツールで、シンプルで使いやすいUIが特徴のHRサービスとなっています。

今回は、この『Jooto』のプロダクトデザインの巧みさや、ユーザーに寄り添った豊富な追加機能を見ていくことで、「本当に使われるサービスとなるために必要なプロダクト開発」のポイントを理解しましょう。

プロジェクト管理の課題

チームで働くにあたり、メンバー同士の連携やタスクの割り振りは欠かせない部分の1つであり、会社の中でそれを担当することはマネージャーの重要な役割の1つです。

しかし、そういったメンバー/タスクマネジメントというものはなかなかオフラインでは難しいことが多く、かといってオンラインで進捗を可視化できるようなものは今まであまりないというのが現状でした。

出典:https://www.jooto.com/

『Jooto』のソリューション

この課題に対して『Jooto』では、非常にシンプルで分かりやすく操作性の高いUIデザインを用いて、マネージャーの進捗管理をサポートします。

出典:https://www.jooto.com/

このように、一目でわかるようなタスク管理を行うことで、マネージャーの管理工数は大幅に削減され、効率的なマネジメントができるようになるのです。

また、タスク管理や進捗管理において、ただ可視化を行うのではなく、詳細なタスクをコメント出来るような機能や自由なカスタマイズを可能にする機能を実装することで、マネージャーがより使いやすいサービスを作り上げていることも、『Jooto』が人気を博している大きな理由と言えます。

出典:https://www.jooto.com/jooto-features/

ただ機能を実装するだけでなく、「どのようなデザインであれば使いやすいか」「どのような機能を付加すればより便利になるのか」を考え抜いた開発・実装は、皆さんにとっても非常に参考になる事例と言えるのではないでしょうか。

導入実績や成果

このような機能と工夫の結果、『Jooto』は現在10,000社を超える企業に導入されて、クライアントに大きな価値を提供しています。

導入企業の中には「とりあえず『Jooto』を見ておけば大丈夫」といった絶大な信頼を寄せている企業もあり、工夫された開発が結果に繋がっている事が分かりますね。

まとめ

以上が、プロジェクト管理ツールの『Jooto』に関する機能、概要のご紹介となります。

ユーザーのための開発・実装という点で非常に優れており、だからこそ10,000社以上の導入実績を誇る事がこの事例からお分かりいただけたのではないでしょうか。

HR Techについて詳しく知りたい方へ

少子高齢化などによる労働力不足の影響で、人材確保や人材配置、そのうえ、人材育成の難しさに直面している企業が年々増加しています。加えて、働き方改革が積極的に進められており、時短やリモートワークなど働き方も多様化しているため、企業や人事担当者にとっては、人事戦略や目標設定・評価方法、勤怠管理や育成方法について頭を抱えることも多いのではないでしょうか。また、ベンチャーや中小企業では特に、給与計算などの労務処理も人事担当が対応しなければならないこともあり、業務の量や質ともに増えています。

そこで、少しでも人事業務の量の軽減や効率化を図るとともに、業務の質を高めるためにも、人事業務にITを活用しようという動きが拡大しており、多くの企業で、HR Techのサービスの検討や導入が進められているほど注目されているサービスです。

このように、HR Techのサービスを導入したり、自社でHR Techのサービスの開発を進めようとする企業が増えているものの、開発や運用方法、費用などの課題を突破できずにいる企業も多いのが実状です。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、HR Techサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事