イントロダクション株式会社は、STARP株式会社と共同で、ライブコマースを支援するサービスを提供しています。

これは、ライブショッピングシステムの『Live Kit』とタッグを組んだサービスです。

・ライブ配信
・プロモーション立案
・システム提供
・動画制作

など、ライブ配信に必要な概要を総合的に支援します。

業界課題

・Instagram
・Twitter
・Youtube

など、様々なSNSを介してライブ配信が席巻するなかで、ライブコマースによるライブ配信も急速な成長を見せています。

必要に迫られて「導入しなければ」と思っている企業や個人も多いです。しかし、ネット業界の成長が早すぎて「ついていけない…」というケースも見られます。

ITを使ってどう解決したのか

イントロダクション株式会社は、動画作成やLIVE配信事業を行っている会社です。今まで培ってきたノウハウやテストケースを個人や企業に提供して、ライブコマース作りをサポートします。

『Live Kit』と連動

今回のサービスは、『Live Kit』と連動しているのが特徴です。ライブコマースを開始する際は、ショッピングサイトの立ち上げやライブ配信システムの作成から始めなければなりません。

しかし、ライブ配信に着手していなかった企業からすれば、このような概要はわからないことだらけ…。

しかし、『Live Kit』を使えば、ライブコマースとノウハウがなくても、簡単にライブショッピングを立ち上げることができます。

結果どうなったのか

専用スタジオの使用

イントロダクション株式会社が用意したプロ仕様のスタジオからライブ配信することができます。さらに、カメラマンやディレクターも派遣!

このような概要を用意する事で、アマチュアレベルの配信を脱することができ、「番組」クオリティで商品をアピールできるのです。

クオリティが上がれば、視聴者の信頼感と安心感を獲得できるため、購買意欲がアップし、売上向上も期待できます。

インフルエンサービジネスにも着手

ライブコマースは、テレビタレントが活躍するケースが多い一方で、インフルエンサーの存在も見逃せません。世間一般的には「この人誰?」というインフルエンサーの方が、テレビタレントより高い売り上げを記録しているケースは多いです。

そのため、「インフルエンサーを起用したい!」と思っている企業は多いです。しかし、「どこに頼んでいいのかがわからない」というケースも…。

そんな時には、インフルエンサーマーケティングを得意にしているイントロダクション株式会社が紹介します。

【まとめ】ノウハウがない時にこそ頼りたい存在

出典:http://introduction.style

いかがでしたでしょうか。ライブコマースを始め、インターネットを介したビジネスは、どんな職種においても欠かすことはできません。

今回のようなサービスは、「時代についていかなければ!」という意識がありながらもやり方が分からない時にこそ頼りたい存在です。

専任のコーチを雇うような気持ちで相談してみてはいかがでしょうか?

ライブコマースについて詳しく知りたい方へ

近年、インターネットやスマートフォンの普及で、オンライン購入をする人が格段に増えてきています。そのため、実店舗にある商品をECサイトで売るだけというシンプルな形態から、まさに店頭で直接やり取りしているかのような、消費者からのコメントに答えながら、商品の詳細や商品のブランドストーリーをリアル且つより分かりやすく、ライブ感のある形でモノを売る・広める方法を打ち出しています。それがライブコマースです。

ライブコマースを展開するために、他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、ライブコマースの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?

人件費が低く、比較見積りが可能な、海外を拠点にしているオフショア開発専門の一括見積サイトにて比較検討をすることにより、人件費を抑えながら、多くの提案を手に入れることができます。品質も日本品質で開発されているため、信頼を損なうこともなく、安心して開発に取り組めますよ。

これ以上にコストメリットがある方法はありません!

おすすめの記事