自動車にもAIが搭載され、ドライバーの運転をサポートするのはもはや当たり前となってきました。しかし、AIによる完全な自動運転となるとまだ批判も多くあります。

自動車の自動運転について議論している間に、船の方が先に自律化されてしまうかもしれません。ロールスロイスとフィンフェリーズが、完全に自律したフェリーを開発してしまったのです。

自動運航フェリーの開発

自動運転の自動車にも段階があるように、自動運航フェリーも段階的に開発されてきました。完全に無人で運航できる船ができるまでに、AIが船員をサポートして運航を効率化する船が開発され、いずれ実用化されるでしょう。

他社でも、無人で運航できる船の開発が進められており、今後競争は激化していくと考えられます。もちろん、日本の企業も開発に乗り出すこともあれば、部品の開発で関わる機会は必然的に多くなると見込まれます。

無人運航のメリット

無人で運航できるフェリーや貨物船ができれば、必要な船員の人数が少なくなるので、まず人件費が減り、企業はコスト削減ができます。また、AIが効率良い航路を探して運航できるので、運搬の効率化にも繋がります。さらに、安全性も高まるということで、乗客は今までより安心して船に乗ることができます。

アリアンツ社の調査によると、75〜96%の海難事故は人為ミスによって起きているそうです。人間が判断を誤ったことにより、多くの事故が発生していると言い換えられるでしょう。完全自動運航ならAIが判断しますし、半自動運航ならAIが人間の判断をサポートするので、AIが搭載された船なら人為ミスを減らせるのではないかと期待されているのです。

完全自動運航に向けて

船員のいない完全自動運航を実現するためには、さまざまなハードルがあります。技術的な壁よりも、法整備などの問題の方が大きいかもしれません。

IMO(国際海事機関)でも、AIを搭載した船の安全性が議論に上がっています。今後、自動運航できる船が活躍する領域は増えていくと考えられます。

まとめ

自動車の自動走行ですら夢のように感じられるなか、ロールスロイスとフィンフェリーズが自動運航のフェリーを開発していることをご紹介しました。法整備が進めば、無人の船が運航できるようになるかもしれません。

このように、ビジネスの効率化にはAIが欠かせない時代となってきています。どのような業種でも、AIを活用するのが当たり前の世界は、すぐそこまで来ています。

英文参考リンク

AI技術を活用したい方へ

さまざまな業界で急速に普及が進んでいる、AI技術。今や、多くの企業で、AI技術を活用したサービスの実証実験や実用化が進んでおり、今後も目覚ましく著しい発展が期待されています。企業にとっては、自社のビジネスとの親和性や競合他社の取り組みを見極めながら、AI技術を活用した新技術や新サービスをどのように拡大させていくか、日々試行錯誤しながら真剣に検討していることでしょう。

こういったAIを活用したサービスを導入したり、自社でAIサービスを開発してみたいけど、気になるのは、開発方法や費用。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、AI技術を活用したサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事