米国の大手日用品メーカーであるP&Gも、AIなどの最新技術の活用に積極的です。P&Gの化粧品ブランドでは、インターネットを使って消費者の肌年齢を診断する『Olay Skin Advisor』というサービスをリリースしています。

一見シンプルなこのサービスにも、AIやディープラーニングの最新技術が使われています。内容を詳しく見ていきましょう。

画像を分析して肌を診断

多くの女性が、実は自分に合った化粧品を見つけられていない、という現状があります。化粧品の専門店に行けば肌の状態を診断してもらい、専門家からおすすめの化粧品を教えてもらうことができますが、一般的には、このようなサービスは敷居が高いと言えるでしょう。

そこで、P&Gは素顔の写真をインターネット上で分析し、肌を診断するサービスを開始しました。ユーザーの肌年齢だけでなく、肌のトラブルについても診断できます。

情報を集めて精度を高める

『Olay Skin Advisor』に使われているAIは、膨大な量の肌データによってディープラーニングをしています。ユーザーがアップロードした画像を学習済みのデータと照らし合わせ、肌年齢を算出したり、肌のケアが必要な場所を教えてくれたりするのです。

また、ユーザーが『Olay Skin Advisor』を使えば使うほど、肌の画像データを手に入れることができます。入手した画像はディープラーニングに活用することができるため、AIの診断精度を向上させることが可能となります。ユーザーへのフィードバックとAIの精度向上を同時に行う、良いスパイラルができているのです。

自社商品の販促も

『Olay Skin Advisor』を使うと、肌の状態に合わせて、P&Gの製品で最も適しているものをおすすめしてくれます。自分に合っている化粧品がわからない女性のためのアドバイスにもなり、また、P&Gの自社製品を販促することもできているのです。

このサービスを受けて推奨された化粧品を4週間使った女性は、その後も同じものを使う傾向が高いそうです。AIの活用でユーザーのグリップにも成功しています。

まとめ

P&GはAIとインターネットを使い、ユーザーが気軽に肌の状態を診断できるサービスを開始しました。自社商品の販促やユーザーのグリップにも繋がった成功例と言えるでしょう。

AIを使うことで、ビジネスモデルを変えなくてもユーザーの体験を変えることができます。ユーザーに選ばれる企業であるためにも、最新技術の活用を進めていきたいものです。

英文参考リンク

AI技術を活用したい方へ

さまざまな業界で急速に普及が進んでいる、AI技術。今や、多くの企業で、AI技術を活用したサービスの実証実験や実用化が進んでおり、今後も目覚ましく著しい発展が期待されています。企業にとっては、自社のビジネスとの親和性や競合他社の取り組みを見極めながら、AI技術を活用した新技術や新サービスをどのように拡大させていくか、日々試行錯誤しながら真剣に検討していることでしょう。

こういったAIを活用したサービスを導入したり、自社でAIサービスを開発してみたいけど、気になるのは、開発方法や費用。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、AI技術を活用したサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事