先進的なIT企業と言うと、GAFAを始めとする米国企業をイメージするかもしれませんが、IT分野で今最も成長著しいのは中国企業です。2017年には、AI関連企業の資金調達額は中国が世界一になりました。

例えば、顔認証システムを開発する「メグビー」と言う企業があります。機械学習を活用して双子をも見分けるシステムを作った「メグビー」のIT活用事例をご紹介しましょう。

機械学習を活用したメグビーの『FACE++』

「メグビー」が開発した顔認証システム『FACE++』は、顔の106個ものポイントを分析して本人と一致するかを確認します。双子も見分けられる『FACE++』は、機械学習によって判定精度を高めてきました。

機械は放っておいても成長すると言うわけではなく、機械が学習するためのデータが大量に必要となります。これは教師データと言うのですが、大抵の場合、機械が分析できるデータを大量に集めるのが課題となります。

『FACE++』の教師データの集め方

「メグビー」は『FACE++』のアルゴリズムを公開しており、世界中の30万人もの開発者に使って貰っています。その見返りとして、彼らが使った顔データを教師データとして得て、『FACE++』の精度向上に役立てているのです。

これまでの常識だと、製品化した後に機械を成長させることはできませんでした。ところが、現代のインターネット普及や機械学習といったIT技術の向上により、製品化した後も改良・改善が行えるようになったのです。

『FACE++』の広がり

中国国内にはすでに170億個もの監視カメラがあり、『FACE++』による顔認証システムは犯罪が起きたときに迅速に犯罪者を見つけることに貢献しています。また、アリババ社では『FACE++』を導入し、決済時に別人になりすます詐欺の防止に役立てています。

さらに、「メグビー」は『Brain++』というAIを開発しており、『FACE++』の強化に役立てようとしています。既存のディープラーニングシステムよりも優れており、『FACE++』の顔認証のさらなる精度向上が期待されています。

まとめ

少し前まではITといえば米国でしたが、最近は中国企業が一気に差を縮めており、「メグビー」はその代表例と言えるでしょう。機械学習を活用し、顔認証システムの精度はどんどん向上しています。

今後はますます新興国発のテクノロジーが台頭してくると考えられます。IT業界以外の企業にとっても、ITを使って何をするかの競争は激化していくでしょう。

英文参考リンク

AI技術について詳しく知りたい方へ

さまざまな業界で急速に普及が進んでいる、AI技術。今や、多くの企業で、AI技術を活用したサービスの実証実験や実用化が進んでおり、今後も目覚ましく著しい発展が期待されています。企業にとっては、自社のビジネスとの親和性や競合他社の取り組みを見極めながら、AI技術を活用した新技術や新サービスをどのように拡大させていくか、日々試行錯誤しながら真剣に検討していることでしょう。

こういったAIを活用したサービスを導入したり、自社でAIサービスを開発してみたいけど、気になるのは、開発方法や費用。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、AI技術を活用したサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事