IBMといえば、世界をリードするIT企業です。IBMはその傘下にあるウェザーカンパニーと共同で、新しい気象予測システムをリリースしました。

新サービスの名前は『Deep Thunder』で、ディープラーニング技術が応用されています。この記事では、IBMにおけるAIを活用した製品開発について紹介していきます。

従来の天気予報の課題

私たちがテレビやスマホアプリで見ている天気予報は、都道府県別のことが多く、詳しくても市区町村レベルまでですよね。これだとピンポイントでの天気が分からないので、「天気予報では晴れだと言っていたのに、自分の会社の周辺だけ雨が降っている」といったことが起こり得ます。

そこで、IBMとウェザーカンパニーは、より細かい区分で天気予報を行うシステムを開発しました。技術開発には、ディープラーニングが使われています。

IBMの最新技術

過去の気象データは、ウェザーカンパニーが豊富に持っています。大量の気象データを教師として、IBMのAIにディープラーニングをさせることで、『Deep Thunder』は開発されました。

気象データは過去だけでなく、毎日溜まっていきます。日々、機械学習に使うデータが増えていくため、『Deep Thunder』の天気予測精度は時間とともに向上していくのです。世界の19万5千個の観測機器から集めたデータは、1日100テラバイトにも上ります。

気象予測の未来

『Deep Thunder』の特徴は、0.2〜1.2マイルという狭い範囲の局地的な気象予想ができるところです。顧客が天気を知りたい地点のみ予測を提供するなどカスタマイズも可能です。

このサービスは、顧客のビジネスにおいても役立つことが期待されています。例えば、小売の業者が、『Deep Thunder』を使って気温の変化の予測を調べて、消費者の購買行動を予測し、在庫を調整することができます。類似のサービスは一般的な気象予測会社でも提供されていますが、より細かいピンポイントでの予測があれば、さらに役に立ちます。

まとめ

IBMとウェザーカンパニーが開発した『Deep Thunder』について紹介しました。毎日溜まっていく気象データを機械学習に活用した事例で、時間とともに精度が向上していくことが特徴です。

ビジネスの現場では、AIのディープラーニングがますます注目浴びています。IT業界のみならず、AIを上手く活用してより良い社会に貢献できる企業が生き残っていくと考えられるでしょう。

英文参考リンク

AI技術を活用したい方へ

さまざまな業界で急速に普及が進んでいる、AI技術。今や、多くの企業で、AI技術を活用したサービスの実証実験や実用化が進んでおり、今後も目覚ましく著しい発展が期待されています。企業にとっては、自社のビジネスとの親和性や競合他社の取り組みを見極めながら、AI技術を活用した新技術や新サービスをどのように拡大させていくか、日々試行錯誤しながら真剣に検討していることでしょう。

こういったAIを活用したサービスを導入したり、自社でAIサービスを開発してみたいけど、気になるのは、開発方法や費用。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、AI技術を活用したサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事