海外の空港に行くと、さまざまな予想外に遭遇します。時間通りに飛行機が飛ばなかったり、エスカレーターやエレベーターが故障していて重いスーツケースを持って階段を上り下りしたり。

日本の空港は管理に人件費を割いているので、国内では深刻な問題に感じられませんが、海外では当たり前にある問題のようです。IBMとアローエレクトリクスが、IoTの開発によって課題解決しようとしている事例を紹介します。

空港の効率化の問題

空港の利用者は今後も増えていくと予測されています。しかし、現状のフライト遅延や設備故障が解決しないままだと、より多くの利用者を効率よく捌けず、パンクしてしまうことが考えられます。

フライトが遅れてしまう原因で最も多いのが、飲み水の準備が上手くできないことなのだそうです。寒い地域だと、乗客の乗り降りの際に機体のドアを開けておくだけで飲み水が凍ってしまい、出発できない状態になってしまうのだとか。

IoTを空港に導入

上記のような課題は、IoTで解決することができます。エスカレーターやエレベーターにはセンサーを取り付け、振動や温度をモニタリングすることで故障が近いかどうか予測します。飲み水のタンクにもセンサーを取り付け、温度や水漏れなどを検知します。ドアを開けっ放しが原因で飲み水が凍ってしまいそうなときは、アラートを鳴らして教えてくれる仕組みです。

このように、IBMとアローエレクトリクスは空港全体をIoTでモニタリングする仕組みを作り、北米の大きな空港で実証実験がなされています。

空港の課題解決へ

飲み水の管理ができるようになれば、時間通りのフライト運行に大きく貢献します。エスカレーターやエレベーターも整備できるので、乗客を空港内で効率良く移動させることも可能になります。

また、センサーを搭載して空港内の設備をIoT化し、IBMのプラットフォームで一元管理することで、人件費を減らすことができます。設備の管理の担い手は、人間からIoTにシフトしてきているのです。

まとめ

IBMとアローエレクトリクスが共同開発したIoTセンサーを、空港に導入した事例をご紹介しました。フライト遅延の問題解決など、企業にとっても乗客にとっても良いことばかりです。

このような事例のように、施設全体の効率化のためにIoTが使われていく場面は増えていくでしょう。各設備を単独で管理するのではなく、施設全体で管理することにより、全体的な最適化が期待できます。

英文参考リンク

IoTを活用したい方へ

さまざまな業界で急速に普及が進んでいる、IoT。今や、多くの企業で、IoTを活用したサービスの実証実験や実用化が進んでおり、今後も目覚ましく著しい発展が期待されています。企業にとっては、自社のビジネスとの親和性や競合他社の取り組みを見極めながら、IoTを活用した新技術や新サービスをどのように拡大させていくか、日々試行錯誤しながら真剣に検討していることでしょう。

こういったIoTを活用したサービスを導入したり、自社でサービスを開発してみたいけど、気になるのは、開発方法や費用。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、IoTを活用したサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?

人件費が低く、比較見積りが可能な、海外を拠点にしているオフショア開発専門の一括見積サイトにて比較検討をすることにより、人件費を抑えながら、多くの提案を手に入れることができます。品質も日本品質で開発されているため、信頼を損なうこともなく、安心して開発に取り組めますよ。

これ以上にコストメリットがある方法はありません!

おすすめの記事