米国の大手自動車メーカーのフォード社が、AIや機械学習を生産ラインに組み込むことを検討しています。自動車メーカーの中では初めて、これらの最新テクノロジーを使うことになるかもしれません。

100年以上前に創業された歴史あるフォード社は、過去にも生産ラインの機械化で自動車の価格を下げ、世の中への普及に貢献するなど、パイオニアとしての実績があります。今回は、革新的な企業であるフォード社が次に目をつけたAI技術や機械学習の活用についてご紹介します。

最新技術の導入に積極的なフォード社

フォード社では20以上前から最新技術について研究してきており、15年ほど前には車の欠陥を見つけるニューラルネットワークのシステムを開発しました。

また、AIを使うと中古車の管理も可能です。新車のときから現在まで、誰が保有していて車がどんな状態なのか、また過去にどんな値段で売買されてきたかを登録しておくのです。このシステムには「Car Story」という名前がついており、車のディーラーが中古車の状態を簡単に把握するために使われます。

フォード社のAIによる運転サポート

2019年、フォード社はAIを搭載した四輪駆動車という新しい自動車を作ろうとしています。二輪と四輪の駆動を自動的に切り替えるなど、AIを使うことによって人間よりも速いスピードで運転操作を判断してくれるのです。

AIのアプリケーションはモニターを介してドライバーと会話する仕組みになっているので、運転に対してのアドバイスを受けることもできます。燃費を良くしたり、座り心地のよいシートの位置を調整してくれたり、多くの機能でドライバーをサポートするシステムとなっています。

「Argo AI」への投資

フォード社は最新テクノロジーの活用に積極的な企業ですが、AIは自社で開発しているわけではありません。10億ドル以上の資金を「Argo AI」というAI開発専門の企業に投資し、開発を支援しているのです。

「Argo AI」はフォード社からの資金提供によってドライバーが不要な自動運転技術の開発を迅速に進めることができ、Win-Winの関係となっています。

まとめ

フォード社はAIを活用して自動車の性能を上げることに取り組んでいます。しかし、技術は自社開発ではなく、外部のテクノロジーを専門とする企業への投資によって実現しています。

AIや機械学習の技術は日進月歩で進んでおり、他業界の企業が自社開発をするのは難しくなってきています。専門の企業に依頼し、製品の品質を向上させていく例が増えていくでしょう。

英文参考リンク

AI技術について詳しく知りたい方へ

さまざまな業界で急速に普及が進んでいる、AI技術。今や、多くの企業で、AI技術を活用したサービスの実証実験や実用化が進んでおり、今後も目覚ましく著しい発展が期待されています。企業にとっては、自社のビジネスとの親和性や競合他社の取り組みを見極めながら、AI技術を活用した新技術や新サービスをどのように拡大させていくか、日々試行錯誤しながら真剣に検討していることでしょう。

こういったAI技術を活用したサービスを導入したり、自社でサービスを開発してみたいけど、気になるのは、開発方法や費用。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、AI技術を活用したサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事