世界を見渡しても、建設業界では作業中の転落死が多く起こっています。悲惨な事故を無くすため、米国に拠点を置くオートデスク社が『Construction IQ』というツールをリリースしました。

この記事では、AIを搭載したリスク評価ツール『Construction IQ』についてご紹介します。

『Construction IQ』にできること

『Construction IQ』は、自然言語処理技術を使ったリスク評価システムです。建設の請負業者のメモ書きなどの記録を『Construction IQ』が読み込み、請負業者が気づいていないリスクを検出する仕組みとなっています。

具体的には、人や物が高所から落下するリスク、水漏れなどのウォーターハザードが起こる可能性、保留となっている安全検査があるか、といった項目を診断します。AIによる分析で、このようなリスク評価を行う仕組みです。

建設作業中の事故の減少

実際に、『Construction IQ』を導入した現場の例を見てみましょう。BAM Irelandという会社では『Construction IQ』を導入してから、事故が20%も減らすことができたそうです。

『Construction IQ』は人間が気づいていないリスクを教えてくれるもので、リスクそのものを解決してくれるわけではありません。しかし、『Construction IQ』の診断を受けて、現場の人間がリスクの対処のために適切な人員配置を行えるようになるので、事故を減らすことができたのです。

『Construction IQ』の今後

オートデスク社によると、現在は自然言語処理技術のみを使ったシステムですが、今後は他の最新技術も応用していく予定とのことです。例えば、危険なガスを検知できる360度カメラをIoT化し、画像認識で危険を察知する技術の搭載などです。

さらに、スマートフォンやタブレットを活用することも視野に入れているそうです。最近の端末は高解像度のカメラが搭載されているので、同様のシステムを導入すればリスク評価ができるかもしれません。

まとめ

建設業界では、人の死に直結する事故が日々発生しており、IoTやAIが解決手段として有効な可能性が示されています。オートデスク社のリスク評価システム『Construction IQ』は、既に事故の減少に貢献しています。

IoTやAIが役に立つ業界は、今後も広がっていくと考えられます。特に人為ミスを防ぐ活用方法はホットなトピックで、あらゆる業界でリスク管理に使用されていくでしょう。

英文参考リンク

AI技術を活用したい方へ

さまざまな業界で急速に普及が進んでいる、AI技術。今や、多くの企業で、AI技術を活用したサービスの実証実験や実用化が進んでおり、今後も目覚ましく著しい発展が期待されています。企業にとっては、自社のビジネスとの親和性や競合他社の取り組みを見極めながら、AI技術を活用した新技術や新サービスをどのように拡大させていくか、日々試行錯誤しながら真剣に検討していることでしょう。

こういったAIを活用したサービスを導入したり、自社でAIサービスを開発してみたいけど、気になるのは、開発方法や費用。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、AI技術を活用したサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?

人件費が低く、比較見積りが可能な、海外を拠点にしているオフショア開発専門の一括見積サイトにて比較検討をすることにより、人件費を抑えながら、多くの提案を手に入れることができます。品質も日本品質で開発されているため、信頼を損なうこともなく、安心して開発に取り組めますよ。

これ以上にコストメリットがある方法はありません!

おすすめの記事