インターネットバンキングも便利になり、銀行の窓口に出向いたり、ATMに行って振り込みをしたりする機会は少なくなりました。インターネットの発達は銀行のビジネスをも変えてしまいました。

ところが、便利になればなるほど、銀行は犯罪者からのシステム攻撃や、インターネットバンキングの悪用の心配をしなければなりません。今回は、米国の大手銀行ウェルス・ファーゴのIT活用事例を紹介します。

インターネットバンキングを使ったマネーロンダリング

銀行口座を持っている人であれば。誰でも使えるのがインターネットバンキングです。犯罪組織が大きな金額をある口座から別の口座に移動させたとしても、特に不信感を持つ人はいません。

このようにインターネットバンキングのやりとりには人の目の監視が届きません。マネーロンダリングに使われる事例が急増しており、実際にマネーロンダリングされた金額は年ごとに上昇しているのです。

ウェルス・ファーゴのマネーロンダリング対策

米国のさまざまな銀行がマネーロンダリング対策を講じていますが、最も多くの店舗を持つ大手銀行のウェルス・ファーゴでは、最新技術を用いた面白い施策を行っています。AIと生体認証ツールを組み合わせによる事例です。

特に、AIを用いて人間の行動パターンを学習し、怪しい送金などの手続きを検出できるようにしています。インターネットの深層の、闇取引が行われるようなサイトにおける人々の行動パターンを学習することにより、インターネットバンキング上でもマネーロンダリングを検知できるようにしました。

人間にできないことこそAIに

AIが学習しているのは、闇取引サイトにおける人間の行動パターンです。そもそも、パターン学習は人間よりAIの方が効率良くできることが多いのですが、それを差し引いても、社員に闇取引サイトを分析させるわけにはいきません。

危険があって人間に任せられない仕事こそ、AIに任せられる時代です。ウェルス・ファーゴの事例は、AIと人間が上手く役割分担できる良い例です。

まとめ

インターネットバンキングでマネーロンダリングが増えている問題について、ウェルス・ファーゴはAIを用いて解決を図っています。闇取引サイトで違法な取引をする人の行動パターンを学習しているのです。

人間に任せられないことは、この事例のように闇取引関係だけでなく、足場の悪い高所での作業といった物理的なところにもあります。危険な仕事はITにお任せする時代になりつつあるのですね。

英文参考リンク

AI技術を活用したい方へ

さまざまな業界で急速に普及が進んでいる、AI技術。今や、多くの企業で、AI技術を活用したサービスの実証実験や実用化が進んでおり、今後も目覚ましく著しい発展が期待されています。企業にとっては、自社のビジネスとの親和性や競合他社の取り組みを見極めながら、AI技術を活用した新技術や新サービスをどのように拡大させていくか、日々試行錯誤しながら真剣に検討していることでしょう。

こういったAIを活用したサービスを導入したり、自社でAIサービスを開発してみたいけど、気になるのは、開発方法や費用。他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、AI技術を活用したサービスの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?

人件費が低く、比較見積りが可能な、海外を拠点にしているオフショア開発専門の一括見積サイトにて比較検討をすることにより、人件費を抑えながら、多くの提案を手に入れることができます。品質も日本品質で開発されているため、信頼を損なうこともなく、安心して開発に取り組めますよ。

これ以上にコストメリットがある方法はありません!

おすすめの記事