サービスHPより)

「FiNC for BUSINESS(以下FiNC)」は、企業で働く従業員の心身の健康をサポートするために総合的なソリューションを提供するtoB向けサービスで、株式会社 FiNC Technologiesの代表的なプロダクトの1つとなっています。

今回はそのFiNCが提供している価値を知ることで、ユーザーの課題を解決するための一気通貫したプロダクト開発のポイントを学んでいきましょう!

現代企業が抱える課題

働き方改革や健康的な労働がトレンドとなっている現在、従業員のヘルスケアに関して高い関心を持つ企業の数は増えてきています。

しかし、こうしたなかで、実際に「従業員の健康のために何を行えば良いか」を知っている企業は少なく、施策としてなかなか反映させづらいということが、現代企業の福利厚生に関する課題でした。

FiNCが提供する価値

このような課題に対してFiNCでは、従業員のヘルスケアのための「計測」、「分析・報告」、「行動」という一連のアプローチを包括的に提供しています。

出典:https://company.finc.com/business/

健康診断のような「計測」フェーズだけでなく、その分析と改善のための行動までをセットで提供することにより、企業は手間なくヘルスケアを会社に浸透させることができるのです。

特に、従業員の方に改善を促す「行動」のフェーズの施策では、専門家への相談や福利厚生として企業に導入することのできるサービスなどが充実しており、徹底して総合的に面倒を見るサービスの考え方が多くの企業に取り入れられる要因となっているのでしょう。

出典:https://company.finc.com/business/

結果どうなったのか

こうした提供価値を持っているFiNCは、明治安田生命などの大企業をはじめとしたヘルスケアに関心の高い企業群に広く導入されています。

出典:https://company.finc.com/business/

導入企業の中では、従業員の健康意識が高まったことにより、仕事のパフォーマンスにも好影響が見られたという声や、継続的なアプローチのおかげで従業員も満足しているという声も聞かれました。

まとめ

以上が、従業員の包括的な健康を支援するサービス、FiNCのご紹介となります。

累計100億円の資金調達を実施し、これからの発展も期待できるFiNCの包括的アプローチ方法は、自らがサービス開発をする際の発想に繋がる、良い事例の1つかもしれませんね!

ヘルスケアサービスについて詳しく知りたい方へ

近年、働き方改革を意識して取り組む企業が増えているなかで、ヘルスケアサービスなどを活用しながら、社員の心身の健康をサポートする企業も増えてきています。やはり、ビジネスの拡大には、社員の健康は必要不可欠ですよね。

「FiNC for BUSINESS」は、企業で働く従業員の包括的な健康をサポートするために総合的なソリューションを提供するtoB向けサービスです。従業員の健康意識が高まったことで、仕事のパフォーマンスにも好影響が見られたという結果は、あらゆる企業が目指したいところかもしれません。

そんななか、他社のヘルスケアサービスを活用するのもいいけれど、自社内で独自のヘルスケアサービスの開発を検討したいという企業も多いでしょう。その場合、気になるのは、開発費用。どのように捻出したらいいのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事