InstagramやTwitterと並ぶ人気を誇るSNSの『Facebook』。

Facebookを使って、簡単にライブコマーズをスタートできる『Gibbons』というツールがリリースされています。

これは、AIを活用したプラットフォームを提供している株式会社ピアラによるシステムです。

業界課題

EC サイトに誘導できない

現在において、SNSは業績を伸ばす上で欠かせないツールなので、オフィシャルの『Facebook』ページを設けている企業が増えています。

しかし、『Facebook』から企業のECサイトに誘導できないケースも多くて、自社製品の売り上げが伸びない課題も…。

サーバー代負担

既存の自社サービスにライブコマース機能を導入すると、開発費用やサーバー代がかかるため、予算の関係で導入できない企業も多いのです。

ITを使ってどう解決したのか

株式会社ピアラがリリースしている『Gibbons』を導入すれば、『Facebook』上で手軽にライブコマース出来るようになります。

特別な知識は必要ないため、ITに関心がなかった企業でも、手軽にライブコマースを始められるのです。

結果どうなったのか

EC サイトに誘導できなかったデメリットを解消

ライブコマースの導入で、商品を『Facebook』上で販売できるようになりました。そのため、ECサイトに誘導できなくても売上を確保できるようになったのです。

サーバー代の負担軽減

『Gibbons』は、『Facebook』をプラットフォームにできるため、新規システム開発やサーバー代の負担は必要ありません。

予算の都合上、ライブコマースを避けていた企業でも、ライブコマースをスタートできるようになったのです。

【まとめ】2億を売り上げるライブコマース市場!日本での発展に注目

出典:https://gibbons.jp/

今回は、Facebookを活用したライブコマース『Gibbons』に焦点を当てましたが、いかがでしたでしょうか。

ライブコマースは、中国を中心に盛り上がりを見せているサービスです。中国では、2時間ほどのライブ配信で2億円を売り上げるケースが続出しています。

ライブコマースは、日本ではまだ普及しているとは言いがたいですが、ライブコマースに関連するサービスは増え続ける一方です。

タレントよりもインフルエンサーの需要が高いネット界隈において、ライブコマースと『Facebook』の組み合わせは、テレビショッピング以上に強力かもしれません。

今後、日本におけるライブコマース市場がどのように発展していくのか、注目してみましょう。

ライブコマースについて詳しく知りたい方へ

近年、インターネットやスマートフォンの普及で、オンライン購入をする人が格段に増えてきています。そのため、実店舗にある商品をECサイトで売るだけというシンプルな形態から、まさに店頭で直接やり取りしているかのような、消費者からのコメントに答えながら、商品の詳細や商品のブランドストーリーをリアル且つより分かりやすく、ライブ感のある形でモノを売る・広める方法を打ち出しています。それがライブコマースです。

ライブコマースを展開するために、他社に開発やコンサルをお願いすることができますが、その場合、他社との連携がうまくいかなかったり、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間とコストがかかってしまいますよね。できれば、費用を抑えながら、ライブコマースの開発と展開を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、思うように開発が進まなかったりするかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事