EightHP より)

Sansan株式会社が提供するEightは、toB・toCの両面に対して、名刺から始まるビジネスの可能性を見せてくれる、人材領域のITプロダクトです。

今回は、そんなEightの機能やテクノロジーを紹介していきます。

これを知ることで、名刺というリソースを活用したITテクノロジーの活用方法を会得できますので、ぜひご覧になってみてください。

名刺に関する課題

人材業界の、特に名刺に関する課題としてあげられるのは総じて「名刺交換の後に、その繋がりが活用されていない」ということです。

 

社員さん個人の繋がりとしては、一回交換した後にその人の昇進や転職の情報が入ってこず、よほどのことがない限りその繋がりが消えてしまうといった課題が挙げられます。

名刺だけが増えて、ビジネスに活きる繋がりは一向に増えないのです。

 

また企業としては、従業員がそれぞれ持つ顧客情報を会社として把握できず、会社として人脈を有効活用できないという課題がありました。

ITによって解決したEight

こうした社員・企業が持つ課題を解決したサービスがEightです。

このプロダクトはITの技術力により、名刺をカメラでスキャンすることでそのデータをオンライン上に取り込み、一括で管理できるようなプラットフォームを作りました。

これにより、社員は名刺交換した人のデータを簡単に管理しつつ、その近況についてもしっかり知ることができるようになったのです。

 

また、企業として会社向けのEightを導入した場合、社内の顧客名刺情報を全員で共有して簡単にアクセスすることが可能となり、さらなるビジネスチャンスの開拓に繋がります。

(https://materials.8card.net/for-company/)

名刺データ化の技術とプラットフォーム作成力が、今まで有効活用されなかった名刺という資産を発掘して新しいビジネスの起点になったのです。

どのような結果になったか

こうしたEightを導入することにより、個人間での名刺管理は非常に簡単になり、今までの「名刺交換して終わり」という繋がりは無くなってきつつあります。

 

また導入企業では、営業の際に事前に人脈を活用できること、取引先のキーパーソンにコンタクトをとることが可能となり、ビジネスチャンスが以前よりも拡大しているという成果が上がっているのです。

まとめ

以上が、Sansan株式会社による名刺プラットフォームEightのご紹介となります。

名刺をデータ化してプラットフォームにするという技術力と発想があったからこそ、このような刷新的なプロダクトが生まれたのですね。

Eightのような開発をお考えの方、サービスとして始めたい方へ

Eightは、かなり無理のあるビジネスモデルのため、あまりオススメしません^^;

名刺データを様々な方から送られ、そのデータをEightを運営している管理室がさらに目視のあと手打ちによる対応を行うというビジネスモデルです。現在似ている内容としてはLINEが運営しているMyBridgeとかが有名です。これも同様に名刺を登録し清書していっています。

また、Eightはビジネス版SNSのようなSNSプラットフォームを運営していますが、あまり流行っておりません^^;

このビジネスはEightやMyBridgeに任せればよろしいかと^^;

開発費はいくらぐらいか? 半額にする方法とは?

この開発費はいくらになるのか。

アプリやスキャナソフトでデータ読み込み→データが管理局に行く通信がある→管理局にて文字のAI分析→データを送信してくれた方へ戻す。 この一連の連携だけでも最低3000万以上の開発が必要です。それよりも大変なのはランニング費用でしょうか、、、

この開発を仮にやりたいとして、ですがその場合は新規事業またはスタートアップとして3000万以上を集めて構築するのは厳しいです。

そして日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、人件費が高騰していることからとても高いのです。

では、どうするのか? 次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用削減課題とエンジニア、デザイナ不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事