geralt / Pixabay

『CurrencyPort』は、ブロックチェーン技術の適用領域を広げ、様々な業態で活用できるようにコンサル・開発を行なっているサービスです。

日本では、仮想通貨と聞くと取引所のイメージが強いですが、世界に目を向けるとブロックチェーンを適用した様々なプロジェクトが立ち上がっています。

本記事では、日本でも広くブロックチェーン技術の有用性を広めるために活動を行なっている『CurrencyPort』について紹介します。

ブロックチェーン技術の適用領域が広がっていない課題

国内外で、様々な企業がブロックチェーン技術を取り入れたプロジェクトを立ち上げており、技術の適用領域は日に日に広がっています。しかし、日本において、技術や流通、関心の度合いをとっても世界に遅れをとっているわけではないにも関わらず、その適用領域は未だ狭い範囲でしか利用されていません。

そういった現状を打破できるようブロックチェーン技術の普及・啓発・開発を行い、様々な業態でのブロックチェーンソリューションを提供しているのが『CurrencyPort』です。

CurrencyPortの強み

『CurrencyPort』では、ブロックチェーン技術を利用したシステム開発を独自で行なっており、様々な業界で活用できる技術及びその応用サービスを提供しています。

また、証券取引やシンジケートローンなどの分野においては、三菱UFJグループやSBI証券、日本マイクロソフト等と共同で実証実験を行なっており、複雑な金融市場でのユースケースも視野に入れています。

普及と対策両側面での促進

『CurrencyPort』は、「ブロックチェーン推進協会」の発起人として当初から参加しており、経済産業省や金融庁等と何度も検討会を行なっています。

また、勉強会を何度も開催しており、ブロックチェーンや仮想通貨に対する啓蒙活動も頻繁に行うなど、正しい知識を学べる場所を提供しています。同時に、金融サービス向けの顧客確認・認証サービスや、価値の移転を自由にするツールの提供開発など新たなサービス開発も行なっています。

まとめ

以上が、ブロックチェーン技術の普及・技術開発を行なっている『CurrencyPort』のご紹介となります。

ブロックチェーン技術が広く一般的に理解されるようになると、多くの企業が導入を考える可能性があります。『CurrencyPort』が行なっている活動は、今後更に発展していくのではと思います。

ブロックチェーン技術について詳しく知りたい方へ

近年、ブロックチェーン技術が様々な業界で注目されており、自社で開発・導入をしている企業も増えてきている一方で、開発者不足に加え、開発資金が高く、なかなか導入に至らない企業も多く見受けられます。

もちろん、他社にコンサルや開発をお願いすることができますが、その場合、コミュニケーションの問題もさることながら、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間がかかったり、コストの面で頭を抱えることが多いのが現状です。できれば、費用を抑えながら、ブロックチェーンの開発や導入を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、なかなか開発が進まないといったことがあるかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事