Tumisu / Pixabay

「ConsensusBase」は、コンセンサス・ベイス株式会社が提供するブロックチェーン技術のコンサル・開発サービスで、実ビシネスに適用出来るように総合的なサポートを行ってくれます。

ブロックチェーン技術が世の中に少しづつ浸透していくなかで、このようなコンサル・開発会社は続々と誕生していますが、「ConsensusBase」はどのような特徴と実績を持っているのか本記事でご紹介します。

ブロックチェーン技術の活用課題

既存の会社において、ブロックチェーン技術について聞いたことはあるけど、どのように活用できるか分からない、分かってはいるけど自社で活用するにはハードルが高い、このように思っている会社も多いのではないでしょうか。

実際、ブロックチェーンについて一から学び、自社で開発・実験を行ったとしても、結局は必要なかったという結果になってしまうと、それまでに割いたリソースが無駄になってしまいます。

そういった悩みを解決し、ブロックチェーン技術をどのように取り込む事ができるかについて、相談から実践的な開発・実証実験まで行ってくれるのが「ConsensunBase」です。

ブロックチェーンの総合的なビジネスサポートを実施

「ConsensusBase」では、ブロックチェーンの開発・コンサル・ワークショップや勉強会などの実施を行い、ブロックチェーン技術を利用したビジネスの総合的なサポート業務を行っています。

具体的には、戦略・技術やICO(暗号通貨を発行し資金調達を行う手法)などのコンサル業務や、システムの開発、社員教育や講師、エンジニア向けの情報発信などが業務の内容になります。

多くの国内トップ企業との取引実績

「ConsensusBase」は、ブロックチェーン開発や実証実験をソフトバンクや大和総研、GMOグローバルサイン、日本電気、セブン銀行など多くの国内トップ企業と行っている実績があります。

また、企業名は公開していないものの、コンサルティング業務やセミナー、ワークショップなど多くの業務を既に行い、ブロックチェーンに関するコンサル・開発といった分野では高い信頼を得ているようです。

まとめ

以上が、「ConsensusBase」のご紹介になります。

実際にブロックチェーン技術をビジネス転用するには大きな開発コストが必要になってくるので、この企業のように、まずは専門家に実現性やその可能性を相談できるサービスは今後も増えていくでしょう。

ブロックチェーン技術を活用したい方へ

ブロックチェーン技術が様々な業界で注目されているものの、開発者不足に加え、開発資金が高い、どのように活用できるか分からないなどの課題が生じており、なかなか導入に至らない企業が多かったりします。

そんな課題を解決するために誕生した、コンセンサス・ベイス株式会社による「ConsensusBase」。ブロックチェーン技術のコンサル・開発サービスを提供しているほか、実ビシネスに適用出来るように総合的なサポートを行ってくれます。

でも、費用も気になるところ。高い費用で導入できたとしても、ブロックチェーン技術について詳しく理解をしていないと、うまく有効活用ができなかったりするでしょう。

ブロックチェーンに関する開発費用は? 半額にする方法とは?

データ解析のためのデータ取得方法や、データを取得したあとのデータ解析アルゴリズムはどうするのか、また自社の文化を調整して考えて、、、というコンサルティング費用まで考えると、最低相場が3000万ぐらいからだとお考え下さい。(半分ぐらいはコンサルティング費用かと思います、、、)

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?  次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナ不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事