Free-Photos / Pixabay

『Chaintope』は、自立分散型ビジネスの基盤を開発するプロジェクトです。

本記事では、パブリックブロックチェーンが持つ課題を解決するために取り組んでいる開発、現状などをまとめてご紹介します。

課題の多いパブリックブロックチェーン

ブロックチェーンには大きく分けて管理者が存在しないパブリックブロックチェーンと、管理者がいるプライベートブロックチェーンの2つが有ります。それぞれ様々な課題を抱えている新たな技術であることは同じですが、管理者のいないパブリックブロックチェーンにおいては、特に、実社会で使用するには多くの課題を持っています。

例えば、一定時間内に処理できる数が少なかったり、パブリックなだけにプライバシーが守りづらかったりなど様々な点で改善する必要があります。

ブロックチェーン技術のコア技術の開発

『Chaintope』では、既存ビジネスに落とし込むことができる新たなブロックチェーンと、その補完ツールのようなセカンドレイヤー技術の開発を行なっています。

新たなブロックチェーンでは、まずは、電力の売買や投票、国際送金といった市場にターゲットを向けて技術の開発を行なっているようで、実現すれば、仮想通貨を利用したP2P電力取引などが可能になります。

セカンドレイヤー技術については、管理者の存在する小さなコミュニティーやそれらの関連サービスで使用できることを想定して開発が行われているようです。

提携先の増加と電力取引プラットフォームの発表

『Chaintope』は、2018年10月にシリーズAで約1.1億円を調達してから、三菱総合研究所や複数の大学と提携を結んだり、ブロックチェーン界隈では有名な早稲田大学の岩村充教授を顧問に迎えるなど、その開発環境を充実させてきています。

また、2019年2月には、「ElectroWise」という電力業界向けにデザインされたプラットフォームを発表し、P2Pでの電力売買を本格的に行えるような準備態勢に入ってきています。

『Chaintope』では、同時に、ブロックチェーン開発者の育成にも力を入れており、活動のためにイベント・連携・コミュニティーの運営も行なっています。

まとめ

以上が、自立分散型ビシネスの基盤を開発する『Chaintope』のご紹介となります。

既存ビシネスに適合するようにデザインされたブロックチェーンは今後需要が増加する可能性が高く、開発が進んでいけば多くの業態での採用が見込まれるかもしれません。

ブロックチェーン技術について詳しく知りたい方へ

近年、ブロックチェーン技術が様々な業界で注目されており、自社で開発・導入をしている企業も増えてきている一方で、開発者不足に加え、開発資金が高く、なかなか導入に至らない企業も多く見受けられます。

もちろん、他社にコンサルや開発をお願いすることができますが、その場合、コミュニケーションの問題もさることながら、自社のニーズに沿った仕様にカスタマイズすると想定以上に時間がかかったり、コストの面で頭を抱えることが多いのが現状です。できれば、費用を抑えながら、ブロックチェーンの開発や導入を目指したいもの。しかし、開発者やデザイナーなどのリソース不足や知識不足により、なかなか開発が進まないといったことがあるかもしれません。何か良い解決策はないのでしょうか。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事