(サービスHP より)

CASTER BIZは、秘書や経理などの事務業務をアウトソーシングするためのマッチングプラットフォームです。

メルカリなどの大手IT企業にも導入されるこのプロダクトがどのような機能を持ち、ITの力で課題を解決しているかを知ることで、新しい時代のアウトソーシングの形や人材マッチングの形を学んでいきましょう。

業界が抱えていた課題

近年、秘書業務や事務業務のアウトソーシングをする企業は増えつつあり、限られた自社の人材リソースは事業運営に集中させるという考えが広まってきています。

しかし、その中でオンラインで業務を外部委託することには「意図が伝わりづらく、かえってコミュニケーションコストがかかってしまう」という課題や、「委託する相手の質が分からず、本当に頼めるか分からない」という課題があり、そのニーズほど導入が進まないという現状がありました。

事務職や秘書業務の外部委託に関するこのような課題に対して、画期的なソリューションを提供しているのが、CASTER BIZです。

CASTER BIZの強み

CASTER BIZに登録している秘書や、その他社員は非常にクオリティが高く、それを担保するデータとしてCASTER BIZは「採用倍率1/100」を掲げています。

(https://cast-er.com/feature/)

こうしたデータに基づくクオリティの担保が、これまでの外部委託業務が抱える課題に対するCASTER BIZのアンサーなのです。

 

また、より素早くクライアントの要望に対応するために、登録社員でチームを組んで業務に当たっていることも課題を解決する施策の1つとして挙げられます。

(https://cast-er.com/feature/)

こうしたチーム編成やコミュニケーションを円滑にするツールや手段があるからこそ、クライアントは不安なくアウトソーシングを使用することができるのですね。

結果どうなったか

こうした施策の結果、CASTER BIZを利用している企業では、不安なく事務業務やその他業務をアウトソーシングすることができて、社員さんは事業の運用に100%集中できるようになったという声が上がっています。

またこのプロダクトは、導入企業だけでなくリモートで働く登録社員の方に対しても、ライフスタイルにあった働き方で経験やスキルを活かせる機会を提供しているのです。

双方のニーズをしっかりと察知した上で、そのマッチングを実現しているITプロダクトの典型的な好事例ということができそうですね。

まとめ

以上が、質の高いオンラインアウトソーシングを提供するマッチングサービスCASTER BIZのご紹介となります。

多くの工夫の上で成り立つCtoCに近いこの新しいアウトソーシングの形は、今後業界のスタンダードとなっていくかもしれませんね。

オンラインアシスタントに必要な開発をお考えの方、サービスとして始めたい方へ

このオンラインアシスタントというのは非常に多くなりました。結構な競合数も多く、簡単に真似ができるからかもしれません。

ある求人サイトでは、オンラインアシスタント、秘書の人材をラボ的な状態までもっていけるように秘書人材を集め続けるサービスをしてくれるとこともあるそうです。(日本語下手くそで伝わらないですかねーー;)

開発費はいくらぐらいか? 半額にする方法とは?

オンラインアシスタントツールの開発は、LINEでいいのではという風にも思われますが、差別化やサービスを利用している感を出すために独自ソフトを作っておいたほうがいいです。実際にCASTER bizも専用のオンラインアシスタント用チャットツールを開発しています。

では、このオンラインアシスタントツールはいくらぐらいかかるのかというと、1200万ぐらいで最低限必要なものは揃います。7,8年前ですが、一時期LINEのようなチャットと電話も可能なアプリ開発があり、その際の費用が900万~でした。今は必要な機能もおおくなり、もう少し高くなって1200万ぐらいになるのではと感じます。

ただ、スタートアップや、新規事業としてはじめる場合は1200万というのはやはりリスクになります。

日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、人件費が高騰していることからとても高いのです。

では、どうするのか? 次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用削減課題とエンジニア、デザイナ不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事