「Blockchain Hub」は、株式会社ブロックチェーンハブが提供している教育・創業・協業支援サービスです。

難しいブロックチェーン技術に入門するための門出を開くワークショップの開催から、実ビジネスとして支援する体制まで整えている「Blockchain Hub」は、多くの実績を積み重ねている業界内でも珍しい会社の一つです。

ブロックチェーン領域のエコシステム課題

今でこそブロックチェーン領域のスタジオやコワーキングスペースなどが増えており、少しずつではあるものの、新たな領域で挑戦したい人たちが知識を共有し合える場所作りが出来るようになってきています。

しかし、「Blockchain Hub」が創業した2016年当初は、そういった環境が殆どなく、ブロックチェーン技術を学び、ビジネス転用するために知識を共有出来る場やイベント・勉強会というものは非常に少なかった現状がありました。

そういった課題を解決するために、「Blockchain Hub」はコンサルや教育といった事業を開始し、いち早く創業支援拠点を設立してきたようです。

ブロックチェーン領域の教育・事業・創業支援

「Blockchain Hub」では、ブロックチェーン領域に関する3つの事業を行っています。

1つ目は、教育的観点からブロックチェーン技術について学べる場の創造

2つ目は、自社の開発チームとの協業を行う場の創出

3つ目は、新たなスタートアップの創業支援やサポート

これらの3つのサービスを行うことで、新たなスタートアップの創業から教育、大手企業とのコラボレーション、資金調達など、実ビジネスへの転用を視野に入れた好循環を作り出すことができます。

複数企業との協業実績

「Blockchain Hub」では、2016年の創業以来150回以上の勉強会・ワークショップを開催しており、多くの人にブロックチェーンの教育プログラムを実施しています。

また、三井不動産や日本IBM、デンソーなど、のべ16社以上の企業と協業、7社以上のスタートアップの創業支援を行ってきている実績があります。

早い段階からブロックチェーン領域で専門性を高めていた結果、多くの実績を残しているようです。

まとめ

以上が、「Blockchain Hub」のご紹介になります。

ブロックチェーンは確かに革新的な技術ですが、内需を理解するためには様々な知識を学ぶ必要が有り手を出しにくいことは事実です。しかし、大きな夢を持ち創業からレガシー産業へ挑戦したいという人にとってはこういった場の創出を行ってくれる企業がいてくれることは心強いことなのかもしれません。

ブロックチェーン技術について詳しく知りたい方へ

最近、ブロックチェーン技術が様々な業界で注目されており、自社で開発・導入をしている企業も増えてきている一方で、開発資金が高いことに加え、開発者不足のため、なかなか導入に至らない企業も多かったりします。

「Blockchain Hub」は、ブロックチェーン初心者の方でも学びやすい入門編のワークショップを開催したり、実際のビジネスとして支援する体制まで整えているなど、ブロックチェーン関連の教育・創業・協業支援サービスです。早い段階からブロックチェーンの領域で専門性を高めていることで、多数の大手企業からスタートアップに至るまで着実に実績を重ねており、注目されているサービスといえるでしょう。

「Blockchain Hub」のようなサービスを活用して、ブロックチェーン技術について詳しく理解することができても、自社内の開発リソースをしっかりと整えなければ、開発が思うように進まなかったり、うまく有効活用ができなかったりするかもしれません。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事