geralt / Pixabay

「bbc-1」は、一般社団法人ビヨンドブロックチェーンが無償のオープンソースソフトウェアとして公開しているブロックチェーン基盤です。

今までのブロックチェーン技術が抱えていた課題を長期的な目線で解決し、実用化されたアプリケーション開発の現場を支援できるように開発されたソフトウェアです。

従来のブロックチェーンが抱えている課題

従来のブロックチェーン技術は、秒間あたりの取引処理能力の低さやプライバシーが守られていない点、ビットコインベースの堅牢なセキュリティーの仕組みが突破されてしまった点(モナコインなど)を含め、様々な課題を抱えており、実際に商業利用するのであれば、先に挙げた課題を解決することが早急な命題として議論が進められていました。

複数の問題を解決したソフトウェア

「bbc-1」では、先ほど紹介した、取引処理能力の低さプライバシーが守られていない点、セキュリティーの仕組みが突破されやすいなどの問題を解決できるように開発された日本初のブロックチェーンで、大きく分けて3つの特徴を持っています。

1つ目は、万が一、記録が改ざんされた際に検知できる機能。通常のブロックチェーンでは、全ての情報が改ざんされてしまうと、その改ざん自体検知されないものだが、記録の中に別の運営主体の情報を紐づけることで改ざんを検知することが可能になる。

2つ目は、即時性のある処理機能。ビットコインの場合は、取引の承認を行う第三者がコストを支払って承認作業に参加するため、時間と費用がかかってしまうのだが、「bbc-1」では承認要求を取引の処理に含めることで低コストかつ即時性を高めることを可能にしている。

3つ目は、複数の情報を紐づけることができる点。例えば、Aトークン、Bトークン、Cトークンなどの複数の価値記録を交換した情報と、他の取引の情報を紐づけることによって、情報の流れを追跡することができるようになる。

複数の企業や個人が実験・基盤としての採用を行う

「bbc-1」が公表されてから、様々な企業が基盤ソフトウェアとして利用しています。

ブロックチェーン技術を利用して再生可能エネルギーの経済的な自立を目指しているDeliaは、bbc-1の基盤を採用しており、電力需要調整力サービスの実証実験を行うために日新システムズや村田製作所と共同で開発を行っています。

まとめ

以上が、「bbc-1」のご紹介になります。

ブロックチェーンの基盤の話になるので理解するのは多少難しいかもしれませんが、実証実験が進み、様々な企業が採用することになれば、日本を代表するブロックチェーンとして多くの企業が使用するようになるかもしれません。

ブロックチェーン技術について詳しく知りたい方へ

最近、ブロックチェーン技術を導入して課題の解決を目指す企業が増えるなど、仮想通貨の業界はもとより、幅広い業界で注目されています。

「bbc-1」は、オープンソースソフトウェアで、無償で公開しているブロックチェーンの基盤ソフトウェアです。近年、ブロックチェーンの人気が高まる一方で、処理能力の低さやセキュリティの甘さ、そしてプライバシー保護の危うさなどの課題に直面していました。この「bbc-1」は、こういった課題の解決の糸口になると期待されています。

ですが、ブロックチェーン技術について詳しく理解をしていないと、たとえ「bbc-1」のようなオープンソフトウェアを活用しても、思うように開発が進まなかったり、うまく有効活用ができなかったりするかもしれません。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事