PCゲームをはじめ、アニメのブルーレイ/DVDソフト、TVゲーム、ホビー/フィギュア、アイドルイベント情報など、いわゆる「アキバ系」コンテンツに特化したネット通販/情報サイトを展開する「ソフマップ」。すでに運営している「アキバ☆ソフマップドットコム」内で、「アキバ☆ソフマップLIVE」というライブコマースに着手しました。

他サービスとの違い

本人自ら商品を紹介

「アキバ☆ソフマップLIVE」のライブコマースで紹介される商品は、アイドルや声優らが自らプレゼンします。

視聴者は、その商品の制作秘話や聴きどころを知ることができるため、買った商品にプレミアを感じることができるのです。

YouTubeチャンネルでタイムシフトをチェック

「アキバ☆ソフマップLIVE」は、専用のYouTubeチャンネルを持っています。そのYouTubeチャンネルでは、過去に配信された「アキバ☆ソフマップLIVE」をアップしているため、タイムシフトチェックできるのです。

タイムシフトでは、コメントのやり取りはできないうえ、商品購入もできませんが、ライブ配信の雰囲気を掴むことはできます。

「アキバ☆ソフマップLIVE」をまだご覧になったことのない方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

結果どうなったのか

遠方のファンも巻き込むことに成功

ソフマップは、年間1300件ほどの声優イベントやアイドルイベントを多数行っています。それらのイベントでは、ファン交流会&物販も行っているため、参加を望むファンは多いです。

しかし、近くにソフマップがないファンは駆けつけることができませんでした。ライブコマースを始めたことで、イベントに参加できなかったファンも、イベントに参加している感覚を得ることができるのです。

配信中にグッズにサイン

「アキバ☆ソフマップLIVE」は、配信中に商品を購入したかたの名前がわかるようになっています。

そのメリットを生かして、購入してくれた方の名前を配信中に書き込むパフォーマンスも好評です。これにより、商品を購入したファンは、プレミアを感じることができます。

アプリのインストール不要

ライブコマースを視聴するにあたって、専用アプリのインストールが必須なケースも珍しくありません。

しかし、「アキバ☆ソフマップLIVE」は、アプリのインストールは必要なく、Webからそのまま視聴することが出来ます。配信中に紹介されている商品は、同じ画面上でワンクリック購入可能です。このようなお手軽感が、好評を博しています。

まとめ!ネットとオタク文化と切り離せない

出典:https://a.sofmap.com/contents/?id=akibasofmaplive

いかがでしたでしょうか?今回はソフマップが発信する「アキバ☆ソフマップLIVE」というライブコマースに焦点を当てました。

秋葉原という土地柄、インターネットはオタク文化と切り離すことはできません。だからこそ、ライブコマースはソフマップにぴったりだといえます。

ライブコマースについて詳しく知りたい方へ

ソフマップは、「アキバ☆ソフマップLIVE」というライブコマースを展開していますが、このライブコマースでは、アイドルや声優自らが商品の制作秘話やここでしか聞けない話を紹介してくれます。お気に入りのアイドルや声優が、自分たちのサインのほかに、ファンからのコメントにライブで直接答えてくれたり、裏話を教えてくれたりすることは、ファンにとっては嬉しいもの。特に、アイドルや声優が参加するイベントに足を運べないファンにとっては、イベントに直接参加できている感覚を味わえることもあって、とても人気のようですね。

また、専用アプリなどのインストールは不要で、ウェブサイトから視聴できることに加え、配信中に紹介されている商品は、同じ画面上でワンクリックで購入できるという操作が簡単なところも好評だとか。ライブコマースでは、商品を紹介するだけでなく、操作が複雑でないところも重要なポイントのひとつのようです。

このように、ライブコマースを活用している企業が増えてきているものの、ライブコマースについて詳しく理解をしていないと、思うように開発が進まなかったり、うまく有効活用ができなかったりするかもしれません。

プログラム開発費用は? 開発費を半額にする方法とは?

家の装飾と同じで、沢山の費用を払えば内装はとても豪華になるのと同じく、システム開発やコンサルティング費用をつぎこめば色々なことができるようになります。

ただ、これは日本の開発会社やアメリカ等の人件費の高い会社に依頼をすると、とても高いのです。

では、どうするのか?次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰課題とエンジニア、デザイナー不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事