企業によるAIの活用は日々広がっています。米国に本社を置くファーストフードチェーン店のマクドナルドも、ドライブスルーの店舗にAIを導入しました。

驚くべきは、AIの活用用途。従業員の業務改善ではなく、飲食客との接点でAI活用の可能性を見出しました。

マクドナルドにおける売り上げの課題

日本でも多くの店舗があるので、マクドナルドに行ったことが無い方はほとんどいないでしょう。実際に店舗に行くと、従業員の仕事のプロセスはデジタル化が進み、効率化が徹底されていることに気づきます。

ビジネスの仕組みが出来上がっているからこそ、売り上げに伸び悩みが生じてしまうのも、大企業ならではの頭の痛いところです。そこでマクドナルドはさらなる収益を上げるため、ドライブスルーで飲食客と接するメニューにAIを導入する奇策に出ました。

マクドナルドが導入した個別メニュー

マクドナルドが活用するAIは、ドライブスルーでディスプレイに表示するメニューをその日に応じて変えてくれます。飲食客が訪れた時刻や天候、近くの交通状況、また店舗で売れている商品のデータを元に、AIがカスタマイズしたメニューを表示してくれるのです。

例えば、暑い日にはアイスコーヒーやアイスクリームを自動的に販促する仕組みとなっています。また、作るのに時間がかからない商品を勧めて、従業員の調理にかかる時間を減らすといった工夫もされています。

マクドナルドがAIを導入した効果

マクドナルドのような世界的なチェーン店であれば、収益源は本社のある米国だけではありません。それでも、海外で新たな市場を開拓するのは困難です。

このような環境において、マクドナルドはAIを用いて飲食客の購買意欲を刺激し、米国内での売り上げを伸ばしています。今後はセルフオーダーの店舗でもAIの活用を考えています。

さらに、マクドナルドはモバイルアプリの活用にも積極的です。今後も飲食客との接点においてAIを活用し、ユーザー満足度を高めていきたいと宣言しています。

飲食業界におけるAIの活用

一見、デジタルテクノロジーと縁が無さそうな飲食業界でも、マクドナルドのような先進的な会社はITの活用に積極的です。特にAIの導入はドライブスルーの店舗の売り上げ改善のカンフル剤となりました。

マクドナルドの試みに追随し、今後はさまざまな飲食店がAIの活用に乗り出すでしょう。特に、デジタル化の進みにくい飲食客と店舗の接点における活用が期待されます。

英文参考リンク

マクドナルドのようにAIを使った売上改善システムを作りたい方へ

開発費はいくらぐらい?

データを多く持っているなら、特徴的な数字を確認する可能性があります。特徴的な数字が出るときはどういうときか、これをビックデータをもとにして、AIにより算出します。

この内容は、簡単にいうと売上管理システムにAIを導入するということです。このAIの難しいところは、開発よりも事前にどうやってデータを保持するか、どういったデータを取得すべきなのか、開発前工程が一番大変です。開発費と一種のコンサルティング費用はおよそ3000万~5000万ぐらいの印象です。

ただ、新規事業やスタートアップが3000万~の金額を捻出するのはむずかしいです。

日本やアメリカではエンジニアの人件費が高騰していることもあり、開発費用が高くなってしまっています。

では、どうすればよいのか?3桁の金額まで下げれる可能性の方法を伝授しましょう。

次のページにてオフショア開発SIMECという開発費用高騰問題とエンジニア、デザイナ不足の解決方法をご紹介します。

おすすめの記事